ブログランキング7

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2398
  • 読者 654
  • 昨日のアクセス数 38518

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/30 22:25:56

  • 76
  • 0

「……」

何だろ。

何となくだけど…

うちの中に…


「…今日、誰か来た?」

お義母さんにそう聞いてみると。

「…千里さんがいらっしゃったじゃないですか。」

「……」


うーん…

神君の気配とは…違うんだけど。

あたし、さりげなく…家の中、キョロキョロしちゃう。


…本当は、あたしが感じてる…この気配が何なのか。

分かってる。

…なっちゃんだ。

でも…なんで?

なっちゃんが桐生院に来る理由なんて…ないよね?


「……」

広縁に立って、庭を眺める。

そして…そこに、なっちゃんを感じた。

…なっちゃん、周子さんと…結婚したのかな…

あたしには関係ない事だとしても…やっぱり気になった。

知花に聞けば…分かるよね。

だけど、気にしてる事…気付かれたくないって思った。


「しゃくりゃちゃーん。」

大きな音を立てて、ノン君が走って来た。

その後ろに、同じ笑顔のサクちゃんも。

すっかり懐いてくれた二人…

もう、可愛くてたまんない。


「ん?それ何?」

ノン君が手にしてる物を見せてもらうと…

「…あれ…これって…」

神君の、お財布。

「お義母さん。」

あたしは、それを持って…後ろにノン君とサクちゃんを従えて、キッチンへ。

「これ、神く…神千里さんの…」

お義母さんにお財布を見せると。

「まあ…困ってらっしゃらないかしら。」

今夜、知花は泊まりでレコーディング。

誓と麗も学校行事で泊まりに行ってる。

貴司さんは、海外からのお客様の接待で遅くなる。

「千里さん、今夜はスタジオって言ってたから…」

「じゃあ、事務所に持って行けばいいのかな?」

「…さくらが?」

「彼とは少し話もしたいし。」

「……」

「何?」

「…いいえ。タクシーで行って、早く帰って来なさいよ。私とこの子たちだけじゃ心細いから。」

お義母さん…もしかして、あたしがなっちゃんと会うかもって…気になったのかな。

あたしが一緒に暮らしてたのが、知花の事務所の会長だ…って。

そして、それが知花の父親だ…って。

きっと、貴司さんに聞いてるよね。


「渡したら、すぐ帰って来る。」

あたしはそう言って、お財布を持って…

「誓の自転車借りるね。」

裏口に向かう。

「これ、夜道ですよ。自転車はやめなさい。」

「えー…」

「さくら。あなたは38歳なんですよ?」

「…はーい…」

渋々と自転車を置いて、タクシー会社に電話した。

「じゃ、行ってきまーす。」

「早く戻っておいで。」

「はーい。」


…ごめん、お義母さん。

あたし、なっちゃんの事務所…行ってみたかったんだ。

彼が…世界に羽ばたかせるアーティストを育てるために、作った事務所。

『ビートランド』を。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「華音!!」「きゃはははは!!」今日も知花はオフだっ...

  2. 「ただーいまー。」仕方ないけど、寝たきりだったし歳を取っ...

  1. 「はじめまして。さくらです。」朝食の前。あたしは、初...

  2. 「まあ。千里さん。また買って来て。」「…すいません。つい...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/22 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3