官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 440
  • 昨日のアクセス数 201

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/30 08:56:48

  • 24

二人は駅近くのよくある居酒屋へ行った。


高木「やっぱ、こういうところの方が落ち着くわー。」


二人は飲み始め、だいぶ飲んだところで、


高木「なぁ、佐々木って、彼氏いるの?」


未央「うん、いるよ」


高木「へー。どんな人?」


未央「うーんとね、年上で〜、すっごく優しくて、空手も強くて、めっちゃかっこいいの!!

…でもね、今、日本にいないんだよね。だから、すこし寂しいかな。」


高木「へー。そうなんだ。」


未央「高木は?」


高木「俺は特にいないよ。」

(俺は、お前が好きなんだよ…)



そんな話をして、二人は帰ることにした。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 194

    08/14

    賢『そうだ、家に帰ったらシャンパンがあるけど飲む?』里『...

  2. 4/4ハ オカマノヒ?オカマ・ウチュウセン ニテ イチャイ...

  1. お腹もいっぱいになって、お酒がまわっていい感じになってきた...

  2. 飲酒できる年齢が18歳からになるらしいそんな話をおばあ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/17 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3