官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 435
  • 昨日のアクセス数 527

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/30 08:44:50

  • 16

4月になり、未央は入社して丸一年。

同期飲み会が開かれた。


参加者はたくさん集まった。


ホームセンターの各店舗に配属された者が大多数を占める。


会場はホテルの大きな部屋を1部屋貸し切りで、立食スタイルだった。


景子「たくさんいるねー。知らない人の方が多いわ。」


未央「ねー。研修の時に揃ったくらいだから、同じチームだった人しか知らないや。」


???「景子ー!!久しぶりー!」
景子「あー!久しぶりー!」


景子は同じチームの誰かとどこかに行ってしまった。


未央「景子いないとつまんないなー。様子見て帰ろうかなー。」


高木「お、佐々木。こんなに人がいるのにひとりで飲んでんの?」


未央「そういう高木だってそうじゃん。」


高木「まぁね、俺、実は人見知りだからさ〜」


未央「うそつけぇ?」


高木「なぁ、どっか飲みに行かねぇ?」


未央「あー、うん、いいけど。」



そうして、二人は会場をあとにした。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 迷い道

    2015/09/08

    地図の読めない人が多いナビに頼る人も多い人生も同じ...

  2. ちょっとずつだけど年末の大掃除。一応、日ごろから掃除はして...

  1. 飲み会3

    2015/05/03

    40人ほどいた飲み会も二次会ともなると、4~5人となってし...

  2. 旅行~慰安旅行だから、夕食は宴会🎵普段、泊まりとか行...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/20 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3