官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 470

#3 同期4(声3)

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/30 08:26:07

  • 20

一方、テツもまた、会いたい気持ちは募っていた。

テツ(3ヶ月。まだ3ヶ月か…。

思ったよりも、きついな…。)



未央とテツは付き合ってまだ間もなかった為に、余計に想いが募る。



テツ(きっと、未央はもっと辛いだろう…。

なるべく早く帰れるように、少し、根詰めるか。)



テツは、朝から学校に行き、夜まで英語とマーケティング関連の勉強をした。専門用語も多く、営業関係の仕事をした事がない為、いくら頭が良いと言っても結構苦戦していた。

朝早くに出かけるのは、個人的お願いをして、特別に教えてもらう日を作ってもらっていたからだった。


深夜には、きちんとその日やったことをノートにまとめ、寝る時間があまりない日もあった。


テツ「未央、待っててくれよ…」


テツの頭の中は、いつも未央でいっぱいだった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 4日目。

    2017/06/23

    72.1㎏。やったあ(*^▽^)/★*☆♪。減ってる...

  2. 9日目。

    2015/11/20

    今、甘酒のんだから、寝れるかな。早く寝ることが大事だな。起き...

  1. たより

    2016/07/02

    頼りにした自分のせいである朝からやるべきこと...

  2. 14日目

    2016/02/03

    2/2(火)朝)🍹30ml(水割り)棒棒鶏サラダ(鶏...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/16 編集部Pick up!!

  1. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3