官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 434
  • 昨日のアクセス数 729

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/30 07:53:30

  • 18

前が見づらいので、ゆっくり、そろそろと歩く。



「貸して」


後ろから声がする。


未央「え?」


未央の持った段ボール箱をスッと持ち上げる。



未央「あっ、高木?」



高木「これどこ?経理?総務?」



未央「えっと、経理だけど…。え?持ってくれるの?」



高木「まぁね。しかし、重いな。」


高木は、未央のことが好きだった。


口数少なく未央の荷物を当たり前かのように持ち、二人で廊下を歩いた。



経理課に着く。


ゴトッ


未央「あ、ありがと」


高木「おぅ。まぁ、ついでだから〜」


そうして、自分の課へ帰って行った。


景子「あいつって、結構いい奴なのかなぁ?ただのカッコつけ?」


未央「ね、どうだろうね」


未央(ちょっといい奴じゃん。正直、助かった。)

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. それからも、千輝はちょくちょく話しかけてくる。特に何って事...

    恋愛中心

    • 165
    • 2
  2. 駅についた祐ちゃんは、さつきの習い事の迎えで私を迎えに...

  1. 「瀬田~。瀬田夏海~!」と、教室に入ってきた京くんが私...

  2. 静かに

    2016/08/02

    荷物を雅人が持ってくれたので、その場はなんとか千輝もひいてく...

    恋愛中心

    • 188
    • 2

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3