ブログランキング8

官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 190
  • 読者 303
  • 昨日のアクセス数 23680

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/30 01:39:58

  • 18

そうして三ヶ月が経った頃、テツは多忙になった。


朝早くから出掛けなければならない事も増え、週一の電話の時間が短くなる。


テツ「…じゃあ、もう家を出ないといけないから、ごめんな。」


未央「…うん、大丈夫。頑張ってね。」


テツ「ありがとう。未央も。」


未央「うん。」





未央が寂しくて仕方ない時に、一度だけ、未央から電話を掛けたことがある。



テツのいるボストンは夜。


プルルルルルル…プルルルルルル…ガチャ



未央「もしもし、テツ?」



テツ「未央、どうした?」



未央「ううん。ちょっと寂しくなっちゃって。」



テツ「そっか…。落ち着くまで電話繋いでいよう。ちょっと待ってね。」



未央「うん。」



テツ「…It is the telephone from an important partner. Please wait a little.…」


テツは誰かに話しているようだ。



未央には、よくわからない。


未央(誰か、いるのかな…?)



テツ「ごめんごめん、大丈夫?」


未央「うん。」



未央は、話したいのに、話題が出てこない。



料金を考えると、あまり長くは喋れない。それも未央にとってはプレッシャーになった。



テツ「未央?」



未央「うん。」



テツ(何か、うーん、楽しい話は…)


テツ「あ、朝ごはん!これからだろ?何食べる?」



未央「うん、と。おにぎりかな…」



テツ「そっか。何詰めるの?」



未央「ツナ?」



テツ「ツナ、あとは?ツナだけ?」



未央「うーん、なんだろ。」



テツ「じゃあ、帰ったら俺にも作って。シャケがいいな。未央の作ったご飯は、なんでも美味しいから。」


ふっ、と明るい声で話しかける。



未央「うん、わかった。

忙しいのにごめんね、ありがと…じゃあ、また。」



テツ「うん、じゃあ、また。」



ガチャ…。



未央「帰るの当分、先なのに。余計に寂しいよ。」


ちぇっ、とでも言いたいかのように、いじやける。



未央「会いたいよ…テツ…」


はぁーっと、深くため息をついた。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 未央「テツさん…?」甘えたような、ねちっこい声で呟く。...

  2. テツ「未央ちゃん、未央ちゃん」未央は眠っている。...

  1. 3日ほど考えた。あまり、長く時間を取るのも申し訳ない...

  2. ショッピングビルの中を仲良く歩く。未央「私、都会が...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 不倫相手と関係切れていなかった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3