官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 796

#3 カウントダウン9

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/29 17:27:10

  • 15

美香「いつ発つの?正月明けたらすぐ?」



テツ「うん。美香、今回のこと、ありがとな」



美香「ううん。無事に決まって良かったよ。それよりさー、彼女、大丈夫?寂しいんじゃない?」



テツ「きっと、大丈夫。…たぶん。」




美香「そっか。てか、ねぇ、どういう人?写真とかないの?」




テツ「えー?いいだろ、別に」



美香「いいじゃん、見してよっ」



楽しい会話に切り替える美香。



テツはスマホを取り出して、一枚の写真を見せた。



美香「へぇ~、可愛いじゃん」



テツ「まぁね~。美香は?男は?」



美香「私、そうゆうの興味ないんだよね~。」



美香は、テツ以外の男に興味関心が湧かなかった。テツの事も、フられてからは特にそれほど想っていない。



???「あれっ?テツ帰ってたの?」

テツ「よお!久しぶり~」

たまたま家の前を通った友人とも再会する。



こうして地元に帰り、ひとときの楽しい時間を過ごした。



出発へのカウントダウンは、こうして、少しずつ数えられていった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 138

    07/06

    「大して観光しなかったけど、本当によかった?」駅のプラッ...

  2. 変な展開

    2016/01/18

    ミクロくんを見失ってからも美香と私は最後まで会場にいた。...

  1. あれから数日たった。ある日、テツのケータイが鳴る。...

  2. 私は消極的極まりないので、こういうのはいつも美香担当。美...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 未婚なら複数交際するのはありか
  2. 新築お披露目で義両親にイライラ
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3