ブログランキング7

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2440
  • 読者 649
  • 昨日のアクセス数 35512

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/30 13:13:53

  • 74
  • 0

「……」

どうやらあのまま眠ってしまっていたらしい…

目を開けると、カーテンの隙間から朝日が射していて。

軽く八時は過ぎている感じだった。


ゆっくりと起き上がる。

…無意識にでも、さくらがいない事を認識しているのか…

いつものように、早朝に目が覚める事はなかった。

朝風呂に入る習慣も、もう…どうでもいい。


「…しっかりしろ…」

パンパンと頬を叩く。

俺には…守る物がたくさんあるじゃないか。

俺はビートランドの主だ。

守る物だらけだ。

それに…

知花に、実の父親がこんな情けない男だと…思われたくない。

そうだ。

まだまだ頑張れるじゃないか。


シャワーをして朝食を取ると、ナオトに電話をした。

案の定、今まで何やってたんだと叱られた。

…ちゃんと説明しなきゃな…


「よお。」

会長室に入ると、久しぶりにDeep Red全員が揃っていた。

今朝の電話で、ナオトが集めてくれていたらしい。

「何がよお、や。」

まず、マノンに体当たりされて。

「うおっ…やめろ。今の俺は風でも飛ばされる。」

笑いながらそう言うと。

「…そう言えば、痩せたな。何があったんだ?」

ナオトがソファーをポンポンとしながら言った。

「俺は二ヶ月ぶりに会うからか…そう言えば痩せたって言うより、かなりやつれた感じに見えるぜ?」

ゼブラがそう言うと。

「俺も、入って来た時は別人かと思った。」

ミツグも…首をすくめて言った。


「…今まで、みんなに黙っていた事がある。」

俺はナオトの隣に座ると。

「…色々複雑な話なんだが…」

指を組んで、話し始めた。

みんなは俺の深刻な様子に、少し前のめりになった。

「…実は、さくらは…廉が死んだ時の事件に巻き込まれて、寝たきりの状態になってたんだ。」

「えっ!?」

四人から同時に、驚きの声が上がった。

「ま…巻き込まれたって…」

「俺も細かい情報は知らない。ただ…俺がここの設立でバタバタしながらアメリカに戻った時、さくらは病院にいて…晋と全く同じような状態だった。」

俺がそう言うと、ナオトは眉間にしわを寄せて。

「…晋と同じって…一時的な記憶障害か?」

低い声で言った。

「…うつろな目はどこを見てるのか分からなくて…口も開いたまま…」

「……」

「晋はあれから回復したが、さくらは…寝たきりのまま、言葉も発せない状態が長く続いた。」

「…まさか、ナッキー…さくらちゃん、連れて帰ってたんか?」

「…ああ。」

「…なんで俺らに言わないんだよ。」

「…誰にも…言いたくなかった。明るくて元気なさくらが…あんな状態になってるなんて…」

「……」

俺は立ち上がって、カップを並べると全員分のコーヒーを入れた。

その間、誰一人…言葉を発さなかった。

…じれったいだろうな。

俺がこの中の誰かだったら…腹が立って仕方ないと思う。


二階堂翔に聞いた事実…

さくらが、あの事件の…

廉を撃ったテロリスト達全員を射殺した事は…

誰にも話せない。


…今も信じられない。

だが…

さくらを逸材と言った二階堂翔の言葉。

それは、分かる気がした。

さくらは…普通だとでも思ったのかもしれないが。

17年分の情報を、十日間で知り尽くすなんて…

有り得ない。

それに、埠頭でアクセルを踏み込んだ俺に…

さくらは抱き付いて、片手でサイドブレーキを引いた。

そして…抱き付いた手で…アクセルを踏んだ俺の膝の関節をどうにかしたのだと思う。

急に足の力が抜けて…

それはまるで、二階堂翔が来訪した時に俺にしたような…


…出来れば、何も思い出させたくない。

今までサカエさんが、二階堂翔がそう思っていたのと同じで。

俺も…何も出来ないとしても…

さくらが何も思い出さず、ただ幸せに暮らしてくれたら…と…

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 39th 90

    08/28

    「……」千里が、マノンとナオトをくれと言った。一応渋...

  2. 「一度…さくらがいなくなっただろ。」コーヒーを配りながら...

  1. 事務所の運営が、やっと軌道に乗り始めた。まるで突貫工事の...

  2. 31st 23

    07/04

    ジェフに言われて、あたしは事務所に顔を出した。夏希と、ち...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. ママ友の発言にドン引きした
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3