好きな様に感じるままに!

俺 自由 俺を感じて…

  • 記事数 989
  • 読者 91
  • 昨日のアクセス数 228

♧abc*アスタリスク曖昧の回避18

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2017/08/30 12:31:11

  • 4










夏も終わり太陽はわた雲の中


まだまだ

強い陽射しは…わた雲で遮られている


それなのに暑い…蒸し蒸しする



… 風 …



雲が動く気配は無いなぁ











オデコに汗が…

私はポーチから柑橘系の香りがする

クールシート取り出して

オデコの汗をそっと…









あぁぁ…喉が渇いた


カフェで涼みたいなぁ









交差点を


渡りきった…その先のカフェに




「 ⁈ …」



えっ!…





思わず二度見する







やっぱり彼だぁーーっ


うゎゎ〜…どうしよう






かっこいい

あの頃と…全然変わってない



読書中の彼…



あぁー悩む…

この交差点を渡れば…彼が居るカフェ






ここで頑張って声を掛けて

LINEの交換とか出来たら…



また、彼と会う事が出来るかも…


ううん…大丈夫…絶対出来る


だから…だから

あの時のように頑張れ… 私 …












歩行者信号の色が赤から緑に変わった


一歩…私は歩き出す


彼に向かって…













「 いっらっしゃいませ 」

カフェのウエイトレスの可愛い声…



空いてる席に案内されそうになったので

私は彼の方見る…すると

ウエイトレスは笑顔で頷いてくれた…









彼のテーブルに近づく私


ドキドキする💓


中学を卒業してから2年半?会ってない…


スーーッと大きく深呼吸…




「あ、あのぅ… か、神谷くん⁈…


( 本を読む彼の顔が上を向いて私を見た…)


神谷 イオリくんでしょう⁈…私…



あ 、… 」



彼は私が名乗る前に



「 えぇーっと…もしかして…浅田⁈…」




神谷くんが私の名前を覚えていてくれた


嬉しい…



「 うん…浅田 真沙美です

神谷くん…ひさしぶり元気だった⁈…

(私は空いてる席を指差して)

ここに座ってもいい?…それとも

だ、誰かと待ち合わせ?…」と聞いたら



彼は本を閉じて


「 構わないよ…

適当にぶらぶらして

喉が渇いたから休憩してた…」










メニューを見ても目の前に座る

彼の事を意識し過ぎて

なかなか決められない💦





その時…私の目に飛び込んできた

飲み物の写真…凄く美味しそう…




ベルに手を伸ばす… ♪ ♪〜



ウエイトレスが「お決まりですか? 」



私はホイップクリームの乗った


「 アイスココアを…」…




あぁぁ…な、何から話そう⁈

緊張するなぁ



「 浅田さんは…確か

〇〇〇高校だったっけ? 」





彼から会話のきっかけをくれた

私が緊張してるのを察してくれたんだろう

やっぱり変わってないなぁ

彼は 優しい …




私の緊張もほぐれ


「 うん…神谷くん知っててくれたの?

嬉しいなぁ…

神谷くんは〇〇〇高校だったよね

成績良かったし…篠原くんと青木くんも

確か…同じ高校だよね⁈…」






ウエイトレスが

こちらに向かっくるのが見えたから

私は話すのを止めた



「 お待たせしました…アイスココアです…」





神谷くんはアイスコーヒー

「 彼奴らか?

いま、同じクラスだ

水雲は仕事が忙しくて学校に来るのも

大変なんだ…

翔はボクシングでプロを目指してる…」



私が一番知りたい事…


「 か、神谷くんは?

えぇーっと…か、かの …







「 俺?…俺は何も変わらないな

相変わらず…PCを触ってるよ…」



うぅーん…いま彼女が

居るのかが知りたいのに…






この後…先生の話に 部活の話

で盛り上がった…




凄く楽しい…このままずーっと話していたい




「 あ、あのね神谷くん

私とLINEを…」




「 。。。」




ん?…神谷くん?



神谷くんが窓の外を見ている…


何を見てるのか?気になって

私も外を見ようとした時…彼が




「 浅田さん…ゴメンね

俺…ちょっと用事が…

ここ俺が払うから…

(彼が財布からお金を…)

楽しかったよ…浅田さん…」




慌てて彼は席を立って

カフェを出て行った…





えっ?何が起きたの⁈…


LINE…教えて欲しかったのに…












諦めきれない





私も彼を追いかけカフェを


飛び出した…













同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. LINEはしてない。職場でもほぼ話してない。顔を合わ...

  2. 彼は授業中、教室にいないことも多かった。私はその頃同じクラ...

    最愛

    • 7
    • 0
  1. 002

    03/12

    彼とは中学の時に同級生でした。中1の時に同じクラスで、...

    harmony

    • 2
    • 0
  2. ……「翔… 何してんだ…あれ?」夏菜...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/26 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3