きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1262
  • 読者 502
  • 昨日のアクセス数 316

Sunshine 14

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/30 09:25:10

  • 37
  • 0

月曜日、会社に行くと早坂がどことなくソワソワした様子で話し掛けて来た。

「……おい、幸……あのガキ、どうだった……?」
「……ガキじゃなくて、太陽。大丈夫だよ」

それを聞いてホッとした様に溜息をつく。

「それならイイんだけどよ……千紗にはタバコやめろって言われるし散々だ」
「それは良い機会なんじゃない?」

言われてみればいつものタバコの匂いがしない。
早坂にも可愛い所があるんだな。


「それより意外だな。幸があのちびっ子なんて」
「どういう意味?」
「リカとは全然違うだろ」
「……あぁ、彼女は別にそういうのじゃないよ」
「そうか?毎週通ってんじゃねーの?」

思わず苦笑すると、早坂はニヤニヤと笑みを浮かべながら言った。


毎週通ってるって言っても、施設にだし……何より彼女に対するそれは、リカに感じていたものとは全然違う。


「まぁどっちでもいいけどよ。お前高校の時だってリカを好きな事全然自覚してなかっただろ。今回ものほほんとしてる内に他の男に獲られんなよ」
「って……大野とリカの背中を押したのは早坂だろ?」


まぁ早坂らしいけど。

そう言われてみると、リカへの気持ちを自覚したのは二人が付き合う様になってからかもしれない。


とは言っても……全然想像がつかない。

沙和ちゃんとそういう関係になるとか。
逆に他の男と恋愛してるところとか……。


「…あ、でもリカと全然似てないって事はないかも」
「は?どこが?」
「気が強いんだけど実は強がってて…素はめちゃくちゃ可愛いとこ、とか?」


僕の言葉に、早坂は何とも言えない微妙な顔をした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「……リカ、お前せめて見えねえとこに跡残せよ……」翌日...

  2. 「沙和ちゃん♡お昼一緒に食べない?」リカが会社のお昼休み...

  1. それは、初めてリカの家に行った日。※ここからは大野さ...

  2. 悪い事は重なる、とよく言うけれどこの事か。自分でも何が起...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/20 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 友人の子供を注意してもいいか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3