凛として生きてく

36年の愛を心の深くで眠らせたい。

  • 記事数 531
  • 読者 118
  • 昨日のアクセス数 697

ひゃあぁぁ

しおりをはさむ

2017/08/29 13:21:24

  • 14
  • 1

職場に小包が!

送り主 〇〇〇工房

ここに先代ワンコの名が入ります

※工房は彼が木工する作業場

彼のワンコへの愛を感じます。
こういうところ、いい風に言えば繊細で
、悪く言えば女々しい。

その工房から
届いたものは


金髪ワンコの大好物のお菓子
かなり有名なお店のものです



香典



永眠したあの日に

「乗り切れたら連絡するから、今はそっとしといて」とメールしたのに、、、


私に手を差し伸べたかった?

私はまだ誰の前でも泣いてない。

泣きたくはない。


あなたも例外ではないの。

知らず識らずのうちに

あなたは私には特別な人ではなくなってた。

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. ライラさん(88歳)ID:6590697・08/29

    感じ方は、、、それぞれ違うのよ。
    まして男と女。
    夫婦でも共有出来るかどうかねぇ。

    気分がいするとか考えるまでいってないんだよ。きっとね、、、(..)

関連するブログ記事

  1. 連絡を取り合っていた・・・のではなかった。彼の携帯の受...

  2. 籠の鳥 20

    2015/02/14

    「今...ここで?」「そうだ!脱げないのか?」「そう...

  1. 昔、スタジオミュージシャンを目指していたとは聞いていた。...

  2. 休憩時間にケータイをみたら「暑い 頭が痛い...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3