ブログランキング12

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3316
  • 読者 730
  • 昨日のアクセス数 18378

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/29 18:47:41

  • 86
  • 0

今日は、俺と聖子と知花はオフ。

家に居ても何もする事ないし、やっぱ事務所に行くか…なんて思って外に出ると、聖子に出くわした。


「事務所か?」

「何でよ。オフなのに。」

「デートか。」

「何それ。知花んち行くの。」

「知花んち?」

「うん。ノン君とサクちゃんにも会いたいし。」

「……俺も行く。」

「えっ。」

「さ、手土産何がいいかな。」

「ちょ…光史っ。」


半ば無理矢理、聖子の腕を引いて。

表通りのケーキ屋で、フルーツゼリーを買った。


…神さんは、今…アメリカに行っている。

一ヶ月、修行するとかで…向こうのバンドとセッションしているらしい。

極秘情報だが、これだけは親父が教えてくれた。


「…すげーな。」

噂には聞いてたが…

桐生院。

かなりの…豪邸だ。

て言うか…

「国宝にしちゃいたいぐらいでしょ。」

大きな門の横にあるドアを開けて入ると、そこは庭園。

「…知花、マジでお嬢様だな。」

つい、キョロキョロと見渡してしまう。

陸んちも、立派な門構えで庭も広いが。

あそこは、やっと芝生が生え揃った感じか…


緩やかな坂道を上って行くと、知花が玄関の引き戸を開けた。


「いらっしゃ…あれ?光史も一緒?」

「そ。家出た所でバッタリ。連れてけって。」

「ノン君とサクちゃんに癒されに。」

そう。

二人に会いたかった。

忘れられてないかな。


「さ、どうぞ。」

知花がスリッパを出してくれて。

「お邪魔します。」

「あ、これお土産。」

「気を遣わなくていいのに。」

そんな事を言いながら、廊下を歩いてると…

「こー!!」

「こー!!」

ノン君とサクちゃんが、俺の名前を呼びながら…走って来てくれた。

「あたしはー!?」

聖子が眉間にしわを寄せて、知花が笑った。


「覚えててくれたかー。」

しゃがんで、二人をギュッと抱きしめると。

「こー、ピカピカー。」

ノン君が、俺の手を引いた。

「ちぇ。双子ちゃんは相変わらず光史が大好きね。」

聖子がそう言いながら、サクちゃんを抱っこした知花に続いて奥の部屋へ。


「お茶とコーヒーと紅茶、どれがいい?」

知花にそう言われて。

「あたしはコーヒー。光史もコーヒーでいいよね。」

聖子が答えてくれた。

「ああ。」

俺はノン君が手にした光るツリーのおもちゃを見ている。

「季節外れだけど、きれいね。」

聖子が光るツリーを見て言うと。

「片付けようとしたんだけど、二人ともお気に入りみたいで。」

「コンパクトなのに凝ってるよな。ここに小さいサンタとトナカイもいる。」

本当に、かなり凝った代物だ。


「どこで買ったの?」

「えーと…カナリアって言ってたかな。」

知花は、立ち上がってコーヒーカップを出しながら言った。

…カナリア…

「雑貨屋か何か?」

「どうだろ。そこまで聞かなかったけど。」

「誰が買ったの?」

「麗。」

「へー…すっかり、いい叔母ちゃんね。」

知花と聖子の会話を聞きながら…

俺は、年末の出来事を思い出していた。


…神さんだ。

きっと…これは、神さんが買ったに違いない。

だが、神さんは…子供達の事を知らないはず。

…いや、やっぱり知ってるんだ。


「こー。」

座ってる俺の膝に来たサクちゃんが、おもちゃを俺に差し出した。

「ん?ボタン押せ?」

サクちゃんに問いかけると、コクコクと頷く。

…可愛いな。

リクエストに応えてボタンを押すと、ピカピカと光るツリー。

「ピカピカ!!」

サクちゃんは、両手を上げて喜ぶ。

「もう…よく飽きないなって思うんだけど、光るたびにやるのよ?」

知花がそう言って笑ってる横で、ノン君も聖子にボタンを押させて両手を上げている。

…神さん…子供達に会ってるのか…

もしかしたら、それで…アメリカに修行に?


少し…言いようのない気持ちが湧いた。


これは…

ヤキモチか?

…だとしたら…



誰に?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    12時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18211 / 読者数 4108

  2. 2

  1. 3

    未来予想図

    6日前

    幼なじみのハルとまお♡

    まお

    記事数 768 / 読者数 3159

  2. 4

    When love ...

    1時間前

    リノ

    記事数 688 / 読者数 1312

関連するブログ記事

  1. 38th 82

    08/17

    駒田理髪店で切った髪の毛は…意外と、イケた。ただ、少...

  2. 雪原

    2016/02/06

    キミの暮らす町窓の景色を流してくれる広がるのは雪原...

  1. サクッと自販機でお茶を買いロック開けてさっさと入ってくエ...

  2. うとうとまどろむ午後のミルクティーカップをとりまく...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/19 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3