官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 435
  • 昨日のアクセス数 570

#3 カウントダウン8

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/29 17:27:01

  • 17

次の日、テツは実家へ帰った。


テツ「ただいま。」


父「お、お帰り。」

「テツ、留学の準備ちゃんとできてるのか?」


テツ「あぁ、うん。正月が開けたら、発つよ。」


父「そうか。国は?」


テツ「ボストン。あ、前の家の荷物、実家に届くように頼んであるから、よろしく。」


父「あぁ、わかった。」



テツは仏壇の前に腰掛ける。


テツ「母さん、ただいま。」


写真を見つめ、心の中で話しかけ、報告をしている。


テツがとても優しいのは、病気がちの母親を早くに亡くした事が影響していた。



ガラガラ…

玄関のドアが開く



??「あけましておめでとうございま〜す」


気の抜けた挨拶が聞こえてきた。



父「あ、美香ちゃん、いらっしゃい。」



美香「おじさん、これ、持ってきたんだけど、よかったら。」



美香は、おせち料理を少し持ってきたようだ。



父「ああ、わざわざありがとう。今、テツ帰ってきたよ。」



美香「あ、そうなんだ」



話し声を聞いたテツが、ひょこっと顔を出す。



テツ「よ。」



美香「おっす」


軽く手をあげる。



テツは外に出て、少し美香と話をした。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 年末15

    2016/10/30

    「ごめんなさい……こんなところ、見てほしくなかった。」格...

  2. 年末16

    2016/10/30

    「こちらは?」あからさまに怪訝な顔で爽太くんを見る。...

  1. 2015/08/16

    という訳で、来年あたり帰ってくるかもしれないから。父「....

  2. 「りーかー!お前は毎回うるさい。鍵持ってるだろ。」呆れ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/19 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3