官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 434
  • 昨日のアクセス数 729

#3 カウントダウン7

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/29 17:26:50

  • 18

年を越して、元旦を過ごしたふたり。


未央とテツは、それぞれ正月中に実家へ帰るので、今夜は泊まらなかった。


未央は夜、家に帰って、お風呂に入ろうと服を脱ぐ。


ふと鏡を見ると、胸に小さく赤いあざのような跡がある。


未央「あれ?私、ここどうしたっけ?」



首を傾げ、頭の中で考え始める。


未央「…あ!!」


「あの時、少し痛いくらいだったのは、これだったんだ。」


「テツ…ありがとう」


未央は嬉しかった。


ずっと、ずっと、消えなければいいと願った。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 205

    2016/02/29

    竜『ウソじゃないよ。』竜は私の目を見てはっきりと言っ...

  2. ずっと ずっと一緒に いよう…...

  1. そうして、年越しがやってきた。未央は、大晦日の朝から...

  2. 高校卒業からずっとノンケミカル的なお湯で落とせる化粧品を使っ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/18 編集部Pick up!!

  1. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3