官能小説

セックスレスの欲求不満を満たすために官能小説を書いています。笑

  • 記事数 239
  • 読者 439
  • 昨日のアクセス数 796

#3 カウントダウン7

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/29 17:26:50

  • 18

年を越して、元旦を過ごしたふたり。


未央とテツは、それぞれ正月中に実家へ帰るので、今夜は泊まらなかった。


未央は夜、家に帰って、お風呂に入ろうと服を脱ぐ。


ふと鏡を見ると、胸に小さく赤いあざのような跡がある。


未央「あれ?私、ここどうしたっけ?」



首を傾げ、頭の中で考え始める。


未央「…あ!!」


「あの時、少し痛いくらいだったのは、これだったんだ。」


「テツ…ありがとう」


未央は嬉しかった。


ずっと、ずっと、消えなければいいと願った。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. was sure having… Girls Time…...

  2. 52

    01/10

    陵「でもそれも個性でしょ?」メイ「どうなんですかね。性格...

  1. It was devastating news - powe...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 未婚なら複数交際するのはありか

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3