Glitter♡Elpis

ネガティブ+エロ+主婦=私

  • 記事数 526
  • 読者 283
  • 昨日のアクセス数 1507

2017/08/28 00:04:15

  • 9
  • 0

間があきましたが、信吾くん記事です

久し振りのエロ記事です(*_*)


ダメな方は、ここでやめておいて下さいm(._.)m








部屋に入って、とりあえず一服しながら話をした

この時点でも、会った時と変わらず 穏やかな雰囲気の信吾くん

何しにここに来たっけ?と思うくらい、くだらない話をして二人で笑っていた



お互いタバコを吸い終わって、交換こでシャワーへ行き、備え付けのガウンを着る


化粧がボロボロじゃないか鏡でチェックしている間に ベッドに横たわっていた信吾くんが、自分の隣をポンポン叩きながら私を呼んだ


「私、明るいのは苦手なんだよね~💦」

そう言うと、スイッチをポチポチして 程よく暗くしてくれた


隣に寝転がると、満腹だったのもあってか 軽く眠気が襲ってきた

ふぅーっと息を吐きながら目を瞑る


ギシッとベッドが揺れて目を開けると、私に覆い被さる信吾くんと目が合った


『別に寝ててもいいけど…好き勝手やらせてもらうよ?笑』


「好き勝手って笑」


顔にかかった髪の毛をゆっくりよけて、キスしてきた


予想より 優しいキスだった

背格好も顔も、どことなく佑樹くんに似ていたのもあって、無意識に 佑樹くんと比較してしまう私


いくら見た目が似ていても、攻め方までは似ないか…



余裕があるからなのか、元々のものなのか

がっついた様子は1ミリも見られない、穏やかな愛撫


胸への触れかたって、人それぞれ ほんとに違うなぁ

一つ一つの動きが くすぐったいというか、少し物足りないくらいの 優しすぎるものだった


捉え方によっては、すごく自分を大切に扱ってもらえている様な動きで、そう意識すると 抑えていた声が自然と出てきた


思わず口をおさえる私を見てクスッと笑うと、足元の方へ移動した信吾くん

私の両足首を持つと上に押し上げて、両足を開脚させてきたと思ったら、私の下半身に顔を埋めてきた


ここまで来てやっと、スイッチが入る


下を舐められるのは どうにも恥ずかしくて苦手だけれど
もう、いっか…と思うくらいの気持ちよさが 襲ってきた


声が抑えられなくて、口をおさえる手の隙間から声がもれる


『もっと気持ちよくしてあげるね♪』

敏感なところを舌で刺激しながら、中に指をいれてきた



なんでこんなに上手い具合に、ポイントを刺激できるんだろ??

何人相手にしてきたんだ? と思ってしまうくらいだった


舌と指の動きに、あれこれ考える余裕が無くなって、足がガクガクし始める


「それ……ダメぇ…」


『んー?ダメじゃないでしょ?』

逃げようとする私の太ももをおさえて、指の動きを早めてきた



「もう…無理! イキそう…」

息をするのも辛くて、体がビクビクし始めた


『我慢しなくてもいいんだよ?』

余裕のある、優しい声が聞こえた


その声すら、新たな刺激になって


体を反らせて イッてしまった

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 柊の舌が、くまなく私の口の中をなぞる。口の中だけでなく、唇...

  2. 見つめ合ったのは一瞬だった。ユキトはすぐに下の方へ移動し...

  1. 屈んで、足元に近づくと内ももにキスをして少し...

  2. 慶司の唇や舌手の平指の動きすごく気持ち良くて下へ下へ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3