シャロンさんのブログ

  • 記事数 21
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 4

電車の中で、救世主

しおりをはさむ

2017/08/24 10:44:33

  • 0
  • 0

昨晩、塾帰りの娘を電車を乗り継いで、迎えに行った帰りの出来事。

晩の10時を回っていたが、電車の車内は割と乗客がいた。
乗り込んだ際に空いている席はあったものの、2人並んで座れず。
1人の乗客を挟んで両隣りに娘と座ることになった。


ほどなく電車は発車。

何気に娘をチラッと横目で見る。

すると、、

私たちの間にいる、60歳前後だろうか、、通勤帰りのおばはんらしき乗客が娘の方にコックリコックリと居眠りしながら、頭を娘の方に預けている。

困った顔で私の顔を見る娘。

娘はまだまだ子どもなので、体形も小柄だ。
なので、かなり傾斜して娘に寄りかかっている状態。

私はジェスチャーで「肘でおしのけなさい」
と合図する。

娘はそうしたものの、再びおばはんは娘に寄りかかる。
おばはんの顔はうっすら赤い。
どうやら酔ってるようだ。


しかし、、何度押しのけてもやはり娘に寄りかかる。。


母娘で困り果てているところで、急展開が。。

突然、そのおばはんの膝から持ち物のビニール袋が滑り落ち、娘よりの通路にバサッと落ちた。


すると、、


娘の反対側の隣に座っていた、20代くらいの女性。
そのおばはんに声をかける。


「落ちましたよ。」



すると、おばはんは目を覚まし、


「、、、すみません。。」


と袋を拾い上げた。。



その時、、
続けて、声をかけた20代の女性はおばはんに言った。


「ずっと、この子にもたれていましたよ。」



おばはんはハッとしたようだった。


「ごめんね。。もう起きたから大丈夫よ」

娘に謝りだした


救世主のその女性は娘が困ってる様子をずっと見てたらしい。
保護者の私がいたのだが、おばはんの向こう隣で気づかなかったんだろう。
子どもが困ってるのをほっとけなかったのだろう。。
有難さでいっぱいになった。

女性が次の駅で降りた後もおばはんは娘に謝っていた。

私は女性の座っていた席に移動した後も、親子と気づいたのかおばはんは降りる際にも一礼して降りて行った。


私はというと、、

複雑というか、、


ああいう場面で親としてどう対処したら、よかったのだろうか。。
きっと、私が言うべきだったのだろう。。
今でも後悔している。


見て見ぬふりする人が多い世の中。。

子どもの困ってる様子を見兼ねて注意してくださった女性。
申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱいだ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. バーバと駅で待ち合わせしていた母は娘さんの視線に合わせて...

  2. 「え?」思わずトシキの方を振り向く。トシキは窓の...

  1. 昨日、電車での出来事22時前ぐらいの電車に乗りました。...

  2. 明日は

    2015/05/08

    下の娘の初予防接種。ヒブ肺炎球菌とロタ。上の娘の時は多...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/23 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3