ブログランキング29

♡咲夜の小部屋♡R18♡

快楽責めメインの妄想小説。自己責任でネ♬ 今度は 密かな一人遊び?…♡

  • 記事数 461
  • 読者 837
  • 昨日のアクセス数 5018

知られざるモノ 4

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/13 21:09:38

  • 37
  • 0

イッてしまった後も、胸の気持ち良さにクラクラして、今度は私のお腹の中の奥の方がキュウッと疼いてくる。


それを見計らった様に、今度は足の間に擦り付けられていたソレが、離れていった。


そして、先端が爪楊枝くらいに細いモノが、一本シュルシュルと股間に伸びてきた。


ソレは、私の身体の中心の襞を掻き分けて、ツンツンと突いてくる。


………っっっ!!! ソコはっ!!

イヤ!! そこは…

オシッコが出るとこ…

そんな…、何かが入る所じゃないのにっっ…


私の思考などお構い無しに、ソレは、オシッコの出口をツンツンと突きながら、少しずつ入り込んでくる。


ソレから出ている液体は、もしかしたら痛みを取り除き、快楽を与えるものなのかも知れない。


私は痛みを感じるコトはなかった。


何も侵入したことの無い尿道は、何かが侵入する事に大きく抵抗し、スムーズには入ってはいかない。


ソレは、少しずつ出たり入ったりを繰り返している。


その動きに大きな違和感を感じるけれど、それは、決して不快なものではなく、むしろ、その違和感がムズムズと私の快感中枢を刺激していく。


そのうちにソレは、自身の液体の効果もあってスムーズに出入りしだすと、もう尿道からは、快感しか感じられなくなっていく。


細い尿道にソレが入り込み、膀胱に届くとひときわ強い刺激があった。


その場所をソレは、更に強く何回も突き続け、ソコを突き抜けた。


その瞬間、私はシャアーっと勢いよく放尿してしまった。


そのオシッコが出る感覚にすら快感が走った。


私は自分の身体に起こっている異変に戸惑い、それでも、今まで感じたことの無い快感は、私を狂わせるには充分で。


身体に与えられる全ての刺激が、快感へと変換されている事実に気付いた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 尿道口。入口付近は、クンニで舐められる範囲に入ってるか...

  2. 遊香の中心で、電マで震える棒と壁がクリと中を絶え間なく刺激す...

  1. 「ひっっ、んぐぅっ…」いきなり最奥を突かれて、その刺激...

  2. もう、これ以上の快楽は無いだろうと、口の中と胸と膣とクリトリ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/20 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  3. 新築お披露目で義両親にイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3