わたしの恋のカタチ

高校時代から今に至るまでの"わたしの恋"

  • 記事数 140
  • 読者 107
  • 昨日のアクセス数 671

めんどくさい女

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 不倫

2017/08/12 19:01:36

  • 9
  • 0

私たちは抱き合ったまま眠りについていた。




目を開けると、きょうちゃんが
優しく微笑んでいる。




おはよ(笑)


『ごめん。寝ちゃったっっ…
腕、痛くない…?』


俺も寝てたよ。
大丈夫!


『良かったぁー…』




そう言って抱きつくと、
きょうちゃんの匂いで包まれる。
はぁーーっ、幸せっ。





何でこんなに安心できるんだろう。
このまま時が止まればいいのに……








でも、






そんな私の想いもすぐにかき消されてしまう












ユウ、そろそろ準備しよ?


『…えっ?』








今日は遅くまで一緒に居られると思ってた…
まだ17時過ぎなのに…







なんかあるのかな。



奥さんと子どもたちが、待ってるもんね。











とりあえず、着替えを済ませ
ソファーに座っている
きょうちゃんの隣に座る。





ちょっと拗ねてやった。




ユウ……っ




体を抱き寄せられ、抱きしめられた。






きっと、ワガママ言ったら嫌われる。






けど、今日は一緒に居たい。









『……帰りたくない』









言っちゃった……








うん…でも、帰らないと…


『………っ…』


ユウ……?




いつもなら我慢できる。
きょうちゃんを困らせたくない。





嫌われたくないのに……っ











涙が…止まらない………










『…………っく……ひっく……』


ユウ……ごめん…、やだよな
もっと一緒に居られたらいいのに……っ…
ごめんな…



そう言って、私の頭を撫でながら
きょうちゃんは何度も謝った。







めんどくさい女だな…私……









ユウ……?


『……っ……ん…?』


ユウ、大好きだよ。また会えるよ。
次は〇〇行かなきゃだろ。な?


『………うん』


あー……ほら、そんな顔しない!







脇腹を思い切りくすぐられる。
手加減は………してくれない。(笑)






寂しい涙なのか、笑いすぎた涙なのか
もうわからないぐらい顔はぐちゃぐちゃ。










きょうちゃんは、両手で涙を拭ってくれる。







そして

















そっとキスしてくれた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/18 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3