きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1210
  • 読者 531
  • 昨日のアクセス数 1373

Moonshine 44

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/12 20:15:40

  • 30
  • 1

そしてお披露目パーティー当日……。


あたしは幸一郎に指定されたホテルに行った。

控え室の様な部屋に案内されて、メイクや髪の毛のセットをしてもらって……用意されたドレスに着替える。
膝丈でシンプルなデザインだけど上品な物だった。


鏡の中には、完璧に飾られた自分。


……今から、幸一郎の婚約者として紹介される。


「狩野様、お連れ様がお待ちです」
「あ…はい」

一度だけ鏡に向かって微笑む練習をして、それから案内係の人に着いて行く。


扉を開けてもらってその部屋に入った瞬間……時間が止まった様な気がした。



……そこにいたのは、幸一郎じゃなくて……隆史だった……。


「……リカ……どうして?」
「こ…こっちが聞きたい……今日は幸と……」

言いかけてなんとなく口をつむぐ。

「…そっか。ホテルで食事するからちゃんとした服装で、って言われて来たけど……お祝いの席だったんだ」
「…………」


……なんで?
親戚だけのパーティーだって……幸、何を考えて……?


「……なんか、あの時を思い出すね」
「え……?」
「早坂に、備品倉庫に閉じ込められた……」


……本当だ。
あの時も二人きりで……お互い初めて、本当の気持ちを伝え合った。


「……もしかして、早坂が……?いや、でも……」

隆史が独り言の様に呟いた時、ノックの音がした。
入って来たホテルの人に一枚のカードを渡されて、そこには幸一郎の字。

「これ、隆に……?……どういうこと……?」

カードを隆史に見せると、一気に表情が強張る。


「大野へ リカに真実を全て話して。本当の気持ちも。」


「ど…どういう意味!?真実って……」
「……さぁ、分からない……」
「そんな訳ないわよね!?隆……!!」


詰め寄ったけど、俯いて苦しそうな表情で口を閉ざすだけ……。


「……大野が話せないなら、僕から話すよ」

声の方を振り向くと、幸一郎が入り口に立っていた。

「幸!」
「幸……やめろ」


「あの時僕がリカを助けたのは、大野に頼まれたからだよ」

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. すーさん(31歳)ID:6583436・08/12

    ユリカさん
    バレましたかー!?そう、当初は幸一郎とそのままゴールインの予定が……
    書いてるうちに迷ってきて……最終的にどっちにするかけっこう迷ってて……!!
    結局どっちにしたのか、結末お楽しみに♡(*´ω`*)

関連するブログ記事

  1. 悪い事は重なる、とよく言うけれどこの事か。自分でも何が起...

  2. あの時……幸一郎が迎えに来てくれた時。「……隆が……頼ん...

  1. 「とりあえず、今日はリカとここ泊まるだろ?」お開きの時間...

  2. 先に沈黙を破ったのは隆史だった。「ここまで一人で来たの?...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/24 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. ママ友に苛々した出来事トップ3

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3