ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 1708
  • 読者 578
  • 昨日のアクセス数 23842

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/12 22:08:27

  • 58
  • 0

久しぶりに夏希に電話をした。

何年ぶりだろう。

その用件は…

瞳を引き取ってくれ。といったもの。


できれば…あたしの手元に置いていたい。

瞳は、あたしの…本当に大切な娘。

だけど、ジェフと再婚した今、瞳は…思いやりの欠片さえ持てない子になってしまった。

再婚は失敗だったと思った。

だけど…これ以上、ジェフにも瞳にも、辛い思いをさせたくなかった。

ずっとあたし達親子を見守り続けてくれていたジェフ。

幸せにしてあげたい。

そう思った。

なのに…

瞳は、ジェフを目の敵にする。


『…もし瞳がこっちに来るとしても、一緒には暮らせない。』

電話の向こう、困った様子の夏希がそう言った。


「どうして?」

『さくらがいるんだ。』

「……」

言葉が出なかった。

夏希とあの子は破局したのだとばかり…


『誰も知らないから、口外するなよ。』

「…え?」

『ナオト達も知らないんだ。俺がさくらと一緒に居る事。』

「どういう事?」

あたしが怪訝そうに問いかけると。

『…さくらは、帰国前に事故に遭って…廃人のような状態なんだ。』

夏希は…予想だにできない言葉を出した。

「……なんですって…?」

『あんな状態のさくらを瞳に会わせたくない。』

「……」

言葉が出なくなった。

そして、頭の中にめぐったのは…

あたしが彼女に対して吐き出した、酷い言葉の数々…

あんな事を言わなければ…

今頃二人は…とっくに幸せになっていたのに…


「…廃人って…どうなの?」

『…喋れないし、視線も定まってない。呼びかけへの反応もない。』

「動けない…の?」

『植物状態とは、また違うんだ。だから…根気強く話しかけたりリハビリしてる。』

「……」

胸が痛い。

あたしは…

瞳の問題があるにしろ、幸せな家庭を築けているのに。

「…夏希。」

『ん?』

「来週、行くわ。」

『え?』

気が付いたら、言葉にしていた。

いいえ…

そうしなきゃ…と思った。

「あの子に…会わせて。」

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/19 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3