ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2963
  • 読者 711
  • 昨日のアクセス数 22996

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/12 16:48:12

  • 78
  • 0

「なあ、若い奴らが薄々勘付いてるで?」

陸んちの地下スタジオで、朝霧さんが言った。

今日のラインナップは…朝霧さん、神さん、浅香さん、アズさん、陸、光史、マコ、そして俺。

本当は参加したがってるナオトさんは、病み上がりのため…申し訳ないけど遠慮してもらってる。


「ま、バレてもいいんだけどな。」

神さんはそう言ったけど。

「いや、トリビュートアルバムに集中できなくなるから、まだ隠しておいた方がいいだろ。」

浅香さんがそう言って…

「だよな。京介でさえそうなっちまったもんな。」

神さんにからかわれてる。


本当はここに、知花と聖子も参加するはずだったけど…

さすがにいつも二階堂家に全員集合してると、「何か企んでる」って気付く奴らが出て来てもおかしくない。

実際、この前ロビーで詩生を捕まえてコソコソと話してる華音の姿を見た。

…さすが神さんの息子。

鼻が利く。


「セン、ハリーと連絡ついたか?」

陸に聞かれて、俺は無言のまま、指で丸を作る。

ハリーとは、DEEBEEのプロデューサーであり…

俺の、歳の離れた腹違いの弟。


実の父親である浅井晋が、結婚したのは知ってたけど…

息子が産まれたなんて、一言も…


その、腹違いの弟ハリーは、詩生と同じ歳。

若干22歳にして、あの高原さんをも唸らせる腕のいい音楽プロデューサー。

レコーディングエンジニアとしてだけではなく、コンサート会場でのPAエンジニアとしての腕も高く評価されていて、この大イベントの音響はハリーに任せたい、と。


連絡をした時、ハリーは少し照れながらも…

『おー、兄やん…俺に電話って、なんですの…ん…って、敬語んなるなあ。』

電話での声は…親父に似ている気がした。

いまだ行方不明の親父を思い出して、少し切なくなったが…

ハリーが元気でいてくれるのが、せめてもの救いだ。


「トップ、誰持って行く?」

みんなで資料を眺める。

出演者の持ち時間は決まった。

後は、出演順の並びだ。


「高原さんの希望はなかったんですか?」

マコの問いかけに、神さんと朝霧さんは顔を見合わせて。

「ナッキーの希望で言うたら…トップはDANGERなんやけど…」

朝霧さんが、少し言葉を濁した感じで答えた。

「DANGERか…」

陸が腕組みをして溜息をついた。

「あいつら、ステージ経験って…」

「先月、向こうで出たやつだけだな。」

神さんの言った『向こう』とは…

紅美ちゃんのボーカル録りが上手く進まなくて、そのチームだけが二週間渡米し。

その間に偶然揃ってしまったDANGERは、カプリという店で思いがけずライヴをした…と。

その様子はこっちの事務所にも中継され、その出来の良さに大満足だったのは高原さんで。

それからしばらくは、あのステージの映像が事務所内で流されていた。


…いつも俺のギタークリニックに足を運ぶ華音と紅美ちゃん。

確かに…彼らには、まだまだのびしろがある。


「一意見として言わせてもらっていいですか。」

手を上げて、発言する。

「DANGERがトップ…俺もいいと思います。」

「根拠は?」

俺の意見に、神さんが足を組んで問いかけた。

「まだ彼らのステージはあの一つしか知られてない。だけど…彼らはまだまだ上手くなります。」

「…確かにな。」

隣で光史も頷いた。

「それに…トップに持って行く事でインパクトを与えたら…後のバンドの刺激にもなります。」

「なるほど…DANGERは責任重大やな。」

朝霧さんが楽しそうに笑う。

…軽くマゾですか。



「じゃ、これで…明日会議で決定事項を回して、明後日館内発表しよう。」

最終ミーティングが終わり、神さんが資料を置いて言った。

そんな中、俺と陸と光史とマコは…目を細くして、軽く冷や汗もかいていた。


…俺達SHE'S-HE'Sは…

神さんのF'sや、朝霧さんの…世界のDeep Redを差し置いて…

トリを飾る事になった。


ビートランドでは大御所と言われる立場になりつつあるが…

それでも、俺達が憧れて、その背中を追ってきた人達の後というのは…

「…本番までに、何キロ痩せるかな…」

お祭り大好き男の陸でさえ。

そんな弱気な事を言ってしまう決定だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 39th 98

    08/28

    「神、大丈夫?」アズが俺の顔を覗き込んだ。「…ああ。...

  2. 38th 3

    08/12

    「詩生。」事務所のロビーを歩いてると、珍しく…ノンくんに...

  1. 43rd 15

    09/22

    『BEAT-LAND Live alive』浅香京介...

  2. 42nd 18

    09/15

    「……」俺は左の手の平を眺めて…「ふっ…」小さく...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/21 編集部Pick up!!

  1. ママ友に苛々した出来事トップ3
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3