ブログランキング30

咲夜のブログ

快楽責めメインの妄想小説。夜のお供にどうぞ。R-18 閲覧注意(触手、尿道責め等)

  • 記事数 187
  • 読者 491
  • 昨日のアクセス数 2961

≪WとKの出逢い≫ 40

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 官能小説

2017/08/12 02:52:55

  • 31
  • 0

大きな絶頂を何回も迎え、やっと剣市さまが、私を解放してくれた。


もう、過呼吸になりそうなほどに息も乱れ、身体は制御不能な程ベッドでビクビクと跳ねている。


「たくさんイッたね。 まあ、まだまだこれからでは、あるがね。」


剣市さまが、微笑み、髪を撫で、そっと唇にキスを落とすと、冷たい水が流れ込んできた…。





私の身体が落ち着いた頃に、剣市さまは、私の拘束を解き、抱き締めてくれた。


「若月? 今日から新しいコトもしていくぞ。」


剣市さまは、両腕で私の膝を抱えて、奥深く一気に突き立ててきた。


「ふぐううう〜〜っっ…、う…あ…、ふか…い」


剣市さまが、あまりにも奥まで突き立てるから、もうそれだけで、私の身体から力が抜けてしまう。


そして、もう既に何が何だかよく分からなくなっている私に、更に追い討ちを掛けるように、クリに電マを当てて来た。


「ひいっ! ナニ…? ああっっ、スゴ…」


初めての感覚に若月は、少々パニクってるようだ。


けれど、膣の快感とクリの快感を同時に味わえる、このプレイに、確実に今までになく、深い絶頂を迎えようとしている。





今まで聞いたことも無い、悲鳴の様な啼き声を上げて、イク。



それでも容赦なく腰を打ち付け、電マを押し付ける。


と、それまで一方的に私から責められているだけだった若月が、何か呻きながら自分から腰を振りだした。


「けん…いち、さまあっ、ああっ、こんなっ…、ああっ、スゴ、イ…、ああっ、ああっ、……っっ!!」




それまで見たことの無い、淫らな快楽に目覚めた私の知らない女が、そこにいた。


自ら腰を振り、もっともっとと強請り、絶叫しながら立て続けにイク若月。



私だけの性奴隷…若月。





やっと…、手に入れた。




〜終〜

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/17 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3