カサンドルさんのブログ

  • 記事数 534
  • 読者 73
  • 昨日のアクセス数 169

【お食い初め】

しおりをはさむ

2017/08/12 09:58:35

  • 3
  • 0

尊が寝た後、お食い初めのことで剛さんと相談する。

「剛さん、尊のお食い初めについて、ホテルのお食い初めプランを見つけたんだけど・・・」
ネットで見つけ、出力したサイトを見せた。
「どれどれ・・・いつか話していたお寿司屋さんのものと和食のお店か…」と剛さん。
「和食屋さんのほうは、値段が少し高いなあ・・・それぞれのお店、お昼と夜のメニューある?」
「次のページがそれぞれのお店のお昼と夜のメニューよ。2件とも夜のコースが高いね。」
「となると、お昼がベストだな。それとホテルのほうが何かと揃っていて便利だし、それにするか。」
「そうね。お昼であれば、次の日に疲れを持ち越すこともないし・・・」
「それも一理ある。みんな、次の月曜日はそれぞれ仕事があるからな。6月4日のお昼に予約しよう。人数は、9人で・・・」

話がまとまって、すぐに予約を入れた。

尊、次の行事は、お食い初めだよ。

日にもよるが、私は、剛さんと一緒に、尊の寝顔を見ることがある。

「寝顔、かわいい。にこにこ笑っているけど、どんな夢を見ているのかな?」
「寝顔だったら、カサも負けていないぞ。」
「剛さん!!」
と小声で言った。

「寝顔を見ると、仕事の疲れも癒されるよ。」
「私も・・・家事や育児の疲れの後だし・・・あっ、よだれが出ている。」
そっとタオルでよだれを拭いてあげた。

「きっと、食べ物の夢でも見ているんだろうな。カサ、離乳食が始まる前後に、尊のベビーチェア探そう。」
「そうね。すっかり忘れていた。また、すぐに大きくなるので、サイズ調整が出来るものがいいな。」
「それもありだな。同時にそれぞれの友人の息子、娘さんが過去に使っていた物でロフトの中で、眠っている場合もあるから、声かけしよう。」
「そうね。この間、そのことを実家の母に話したら、びっくりされた。何でも、レンタルって・・・」
「ということは、俺たちの世代は、何でも買っていたんだろうな。レンタルはその分、なかったのかも・・・」
「そうだね。」

「尊、おやすみなさい。」

そう言って、寝室を後にした。

お食い初め当日。
それぞれの両親と義弟の敦さん、義妹の舞さんを招待して、尊のお食い初めをした。

お食い初めの前に、ホテル内の庭園を散歩した。
「紫陽花、少ししか咲いていませんね。」
「そうですね。あともう少ししたら、咲くでしょう。」と剛さんのお義母さん。
「えーん。えーん。(>_<)(>_<)」
「尊、どうしたの?ミルク?それともお着替え?」
「えーん。えーん。(おむつ替えて)(>_<)(>_<)」
「わかった。授乳室行こうか?」
「(^-^)」
「すみません、尊の授乳が・・・」
「お母さんたち、ここで待っているから、授乳など済ませてきて。」
「はい、お母さん。」

授乳室で、尊のおむつ交換を済ませた。
今日も元気だな。最近、ほかのメーカーのおむつに替えたこともあり、尊も上機嫌だった。

10分後、庭園に戻った。
「すみません。お待たせしました。」
「カサンドルさん、育児疲れもあるでしょう?」
「ええ。夜泣きはそれほどでもなくなりましたが、気が休まることもなくて・・・」
「カサンドルの時も夜泣きはもちろん、今みたいなことも出先で、よくあったのよね。事前に言ってと思っていても、言葉を話せないし・・・」と母。

「そろそろ、予約した12時少し前ですね。」と義弟の敦さん。
「そうだった。」と義妹の舞さん。

ホテル内のお寿司屋さんの個室で、尊のお食い初めをした。
この日の洋服は、水色のロンパース。
少しずつではあるが、首も座りつつあった。

私が尊を支えながら、剛さんが尊の口に、お赤飯を運んだ。
「尊、おいしいか?」
「・・・・」
初めてのお赤飯の味は、わからなかったようだ。

そして、仲居さんから、
「今日は尊ちゃんのお食い初めとのことでしたので、尾頭付きの鯛をご用意しました。」
一同で、歓声が上がった。
「尊、大きい鯛だね。写真撮ろうか?」
「お食い初めのメニューと一緒に写真を撮ろう。」と義弟の敦さん。
「それいいですね。」
みんなで集まって、写真を撮ることにした。
「尊、レンズを見るんだよ。」と教えてあげた。
「1+1は?」
「にっ」

尊は、デジカメのレンズにきょとん顔だった。

いつだったか、初めての家族写真が出来て、引き取った後の写真もどこかドヤ顔だった。また、その顔が松本清張の赤ちゃんの頃の写真にどこか似ていると剛さんと話したことがあったのを思い出した。

生後3か月で、ドヤ顔ポーズが出来るなんて・・・(@_@)

お吸い物は、珍しかったのか、少しゴクリ。それ以外のメニューは、初めてだらけだったのか、口に運んであげても、えーん(何だろう?(・・?)という顔をしていた。

初めて、ミルク以外のものを見たので、珍しかったのだろうね。

離乳食が始まったら、いろんなものに挑戦しようね。p(^-^)q

「尊ちゃん、大きくなったね。」と義妹の舞さん。
彼女は、このところ学校のほうが忙しいこともあり、久しぶりに会った。
「カサンドルさん、久しぶりに会えてよかったです。尊ちゃんに会いに行きたいな。」
「いつでもいらしてください。」と義弟の敦さんにも伝えた。
「尊ちゃん、いつか、叔父さんが尊ちゃんの家に遊びに来たら、鉄道のプラレールを持ってくるね。」
「(^-^)(嬉しい。楽しみ)」

母が、
「カサンドル、今度、カサンドルの家に遊びに行っていい?」
「いいよ。ちょっと散らかっているけどね。」
「結婚後、遊びに行かなきゃと思いながら、行けなくてね。お父さんと一緒に来るね。」
「了解。」

お食い初めの行事は、あっという間に終わった。

家に帰って、少し落ち着いたところで、尊の年表とアルバムを整理した。
「カサ、尊の年表、また、一つ書き加えることが出来るな。」
「そうね。生まれた時から今までの出来事だけでなく、国内外の社会情勢も入れているの。ただ、最近は、恥ずかしい国会答弁ばかりだから、日本の社会情勢の欄は、毎回悩みどころ。」
「そうだよな。恥ずかしい姿ばかり見せたくないけど、きちんと書かないといけないな。」
「そして、ダメよ~ダメダメ。」
「あははッ」と二人で笑った。

尊は、お食い初めの後、ぐっすり昼寝だ。



同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 会計の後、スタジオアリスに向かう。尊は、デパート内でも周...

  2. 1カ月健診から2日経った。今日は尊のお宮参り。前日、剛...

  1. 神社近くにある和食のお店に移動した。傘いらずで、そのまま、...

  2. GWも半ば。この日は、剛さんが午前中まで仕事をした後、午後...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 不在時に来た子供が発作起こした
  2. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3