ブログランキング21

きゅん♡とするおはなし

主に恋愛小説。短編多し。きゅん♡とする話を目指して、日々のストレス発散に書いてます!

  • 記事数 1111
  • 読者 524
  • 昨日のアクセス数 10456

Moonshine 33

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/10 13:45:20

  • 22
  • 0

「隆は……月みたいね」


ベッドに仰向けに寝転がりながら呟くと、本を読んでいた隆史が顔を上げる。


「……あぁ、月が見えるんだ」


隣に同じ様に寝転がる……勉強の邪魔しちゃったかな。
丁度窓から綺麗な満月が見えている。

「子どもの頃……夜に外を歩いてると月がどこまでもついて来て、不思議だけどなんとなく安心したのを覚えてる。隆といると、そんな感じなの」
「…僕、ストーカー?」


クスクス笑いながら言われた。
そういうんじゃないんだけど、上手く言葉に出来ないな。


「そういえば僕も高校の時、考えた事あるな。幸は太陽みたいだって」
「ふふ、なんか分かるかも。生徒会長でいつも皆の中心にいたし、周りを明るくしたり暖かい気持ちにしてくれるとこあるわよね」

「うん……それで、早坂は自由な風」
「ピッタリ……ねえ、あたしは?」

少し顔を近付けて聞くと、隆史は考える様な表情。


「リカは……花、かな?太陽の下で美しく咲き誇る花」


自分には勿体ないくらいの素敵な表現に、少し顔が熱くなった。

……でも、なんとなく寂しそうな笑顔に見えるのは、気のせい?


「……月の下で美しく咲く花もあるのよ」


そう言葉にして、自分から隆史の唇を求めた。

首筋を、胸を、腰骨を順に辿って欲望を誘う。
隆史の好きなやり方で昂らせて、堪らない顔で押し倒されるのが好き。

切なげな表情に見下ろされながら、あたしは美しい花びらを散らすように乱れた。



「しばらくまた会えないわよね?」
「うん……ごめんね」
「ううん……頑張ってね」

励ますように頬にキスをする。


……もう少しして試験が終わったら、隆史はずっと目指していた弁護士になる。
ずっと頑張ってきたの、知ってるもの。


……夢が叶ったら……少しは期待してもいいのかしら?

高校の時、結局誤魔化されたけど将来を匂わせる様な事を言ってくれた。
あたしとの将来を考えてくれてるって……思っちゃうわよ。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「は!?4人で生徒会選挙に出る!?」……案の定、隆史の...

  2. きみがいるそれだけで街には愛がふりそそぐ綺麗...

  1. 雑草。

    2014/03/31

    僕の店の駐車場はもともと花壇だった。だからかたいコン...

  2. 匂蕃茉莉

    2015/05/18

    白と紫の花が一緒に咲く不思議な花はジャスミンの香りほん...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/20 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3