動き出した、禁断の恋

スクールの先生とのW不倫。

  • 記事数 68
  • 読者 156
  • 昨日のアクセス数 194

オフィスで。

しおりをはさむ

テーマ:恋愛 > 不倫

2017/08/10 07:48:06

  • 21
  • 0

先生からオフィスでしようと言われ、微妙な反応をしていた私。

オフィスはガラス張りで少し目隠しのインテリアがあるくらいの外観だ。

大通りではあるけどオフィスに用事があってよく見ない限り、そこで何をしているのかは分かりにくい。

その中でも特に見えにくい柱の陰が私達のいつものイチャつき場所だ。

この日もいつも通り「会いたかった気持ち」を爆発させ、強い抱擁から熱いキスをした。

いつもなら服の上からブラの中に手を入れ、乳首を指で転がして感じる反応を見ている先生。

私の息が乱れるとようやく服をめくり上げ乳首を吸ったり、鷲掴みにして寄った乳首を凝視する。

この日は違った。
いきなり上の服を脱がされた。

ブラは荒く引き剥がされた。

手で胸を隠す私。

脱がされないようにパンツスタイルだったのに、下もチャックを開け半分ずらされた。

パイパンの陰部が見られている。

「てったん、誰かに見られちゃう💦」

「それはダメ!みゃあの身体は俺のものなのに😌」

「じゃあ柱の後ろに行く😣」

「うん、そうして。」

と言いながら柱へは行かせてくれない。

窓が背後になるように身体の向きを変えられ、先生は丁寧にパイパンの陰部を舐め出した。
舌先が感じる部分を探し当てる。

「あっっっ。んんん......💨」

必死で声を押し殺す。
息がみだれる。

舌の触れる感触でクリが硬くなっているのが分かった。

指でおまんこの入り口を行ったり来たり焦らされる。

余った左手では感じやすい右の乳首を触れるか触れないかの、私の好きな攻め方をされた。

「あぁぁっ、はあぁぁぁん。んんっっっっっ......てったん、指を入れてぇ(*´Д`*)」



「みゃあ、びしょびしょやで😁」

先生のドSな笑みが余計に私を欲情させる。
子宮がキュンとなった。

あぁ、もう好きにして下さい、と身体は言っている。

先生はカチカチになった息子をくわえさせようとした。
先生の手が私の髪を掻き分け、私の頭を固定した。

息を乱れさせながら口に頬張った。

身体全体で先生を求めている。

「今、おじさんがこっち見ながら通ったよ。やらしいなぁ、みゃあ。何を咥えてるの??」

言葉攻め。
そして咥えさせたまま、両方の乳首を強く摘まんでは先端だけを優しく転がす。

立ったままの乳首は恥ずかしいくらいに存在感があった。

「乳首こんなに立てて...いやらしいなぁ。下からもお汁が溢れてきたよ。」

そう言ってソファーに先生は腰掛け、私を引き寄せていきり立ったジュニアを挿入した。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 先生のドSスイッチが発令致しました!!(笑)ベットにお姫...

  2. 部屋に入ると、お互いぎゅっと抱きしめあった。好きだよ...

  1. 先生は、耳元、首筋に唇を這わせ私の大きな胸をブラの上か...

  2. なんたか、身体がほくれて、なんだか、身体が ほてってくる。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  3. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3