ブログランキング8

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1588
  • 読者 2341
  • 昨日のアクセス数 33653

小説)15裏の顔ー大阪編

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/10 08:09:40

  • 111
  • 0

彼の舌が首筋からゆっくり下りていく。大きな手に包まれた乳房が彼の動かすまま、形を変える。先端を吸い、舌で転がす。ジワジワと快感が広がっていく。

「は…ぁぁ……伯……」
彼の髪を掻き乱す。その顔は更に下へ。私の腹部を下り、その先を期待する。だが、彼はソコをかすめ、足を舐めた。太ももの内側を焦らすように舐める。その顔が秘部に近づくたびに、期待と落胆を繰り返す私。
「も……そこはいいから……お願い……」
「いいねぇ……サヤカのその顔は」
顔をあげ、私の頬を撫でた。
「お願い…聞いてやるから……わかるだろ?」
私は両足を開き、彼を誘う。彼はソコをじっと見つめた。恥ずかしさが込み上げてくる。それが足に伝わり、思わず閉じようとした。
「閉じたらしてやらないよ?もっとよく見えるように……出来るだろ?」
動き出した足が止まる。中が燃えるように熱い。早く強い快感が欲しくて、羞恥心などという陳腐なものは私の中から消え失せた。

「ここ……お願い……」
私はソコを指で開く。私の足の間にいる彼にすべてをさらけ出す。彼の視線がソコに注がれる。
「濡れて……相変わらずイヤらしいなぁ……」
消え去ったはずの羞恥心を甦らせる言葉。思わず顔を背けた。
「じっくり味わってやる……」
「ああ!…は……ん!」
下から上へネットリと舌が動く。待ち望んでいた快感に、体が跳ねる。小さな突起を見つけた舌は、それを集中的にもてあそんだ。

「あっあっ……ダメ……そこ……」
「ダメ?違うだろ?お前の好きなところだろ?」
ソコを開いていたはずの指は離れ、シーツを掴んだ。私のかわりに、彼の指がソコを開いていた。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/21 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  3. 割り込みして並ぶ子供にブチギレ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3