ブログランキング7

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2378
  • 読者 650
  • 昨日のアクセス数 32087

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/12 07:47:00

  • 78
  • 0

その時あたしは…何が起きたのか、分からなかった。

ただ…

「朝子!!」

…お兄ちゃん?

「朝子!!聞こえるか!?朝子!!」

「あ…き…聞こえる…お兄ちゃん…?」

あたし…倒れてる?

今の状況を把握しようと必死なんだけど…

えーと…

どうもあたしは…

人に囲まれてる…っぽい…

見えるのは、空と…お兄ちゃんと…人だかり…

そんな所で倒れてる自分に気付いて、恥ずかしくなった。

慌てて起きようとすると。

「動くな。頭を打ってるかもしれない。」

お兄ちゃんに、止められた。

「…あたし…どうしたの?」

「…覚えてないのか?」

「何…?」

「横断歩道渡ってて、車にはねられた。」

「………え?」

「どこか痛みは?」

お兄ちゃんは、あたしの脈を取ったり…ゆっくりとあちこちを見たり…

「う…ううん…どこも痛くない…」

車にはねられた?

嘘みたい…

だって、どこも…

「…自転車は?」

「……」

あたしの問いかけに、お兄ちゃんはチラリとどこかに視線を向けたけど。

「新しいの買ってやるから、気にするな。」

…て事は…

自転車…ダメになっちゃったんだ…


間もなくして、救急車のサイレンの音。

あたし、それに乗るの?

痛みもないのに?

…何だか大袈裟な気がして、ちょっと気が咎めたけど…

「もう大丈夫だからな。」

あたしの手を握ってるお兄ちゃんの手が…震えてる気がした。

到着した救急車に乗せられて、お兄ちゃんもそれに乗り込んで。

病院についたら、あれこれと検査をされた。


あたしは、横断歩道を自転車を押して歩いてて。

左折してきた車に、はねられたらしい。

…全く気付かないって、どうなんだろう。


検査の結果…


「無傷ですね。」

「……」

あたしの隣で、お兄ちゃんは無言になった後…

「はあああああああ……」

大きく溜息をついた。

「良かった…」

「しかし、数日経って症状が出る方もいらっしゃるので、油断はしないで下さい。痛みや違和感があったら、すぐに受診して下さい。」

「分かったか?」

「はい…」

とんだ日になってしまった…

入籍記念日…

映の誕生日…

そんなおめでたい日に…はねられるとか…


「お兄ちゃん、あそこには偶然いたの?」

帰りのタクシーの中で問いかけると。

「………ああ。」

「何、今の間。気になるなあ。まさか店からつけてたんじゃないでしょうね。」

「まさか。」


あたしがこの時…

お兄ちゃんの『間』を…

もっと問いつめてたら…



一応…映にメールを打った。

『無傷だったんだけど、事故に遭った。病院行って、今はもう家です』

すると、すぐに電話がかかった。

『だだ大丈夫なのか!?』

慌てた口調の、映。

「あ…うん。ごめんね、心配かけるようなメール…」

『いや…帰ってから知るのは嫌だったから、連絡してくれて良かった。』

「横断歩道歩いてて、コツンって感じだったのかな。」

『だったのかなって…』

「気が付いたら、お兄ちゃんの声がして…」

『兄貴、その場に?』

「偶然いたみたい。」

『ほんとかよ。おまえ、兄貴にストーカーされてないか?』

「やめてよ。」

あたしの声がいつもと変わりないから、映も安心できたみたいで。

『じゃ、帰る前に連絡する。』

「うん。頑張ってね。」

それで…電話を切った。


幸せな一日だった。

のに。

事故なんて…やだな。

ううん…

もしかしたら、事故に遭って無傷なんて…

反対に、いい事だよね。

うん。


それから、いつもより少し早く帰れそうだって映からメールをもらって。

買い物に行けなかったあたしは、結局冷蔵庫にある物で…頑張ってご馳走に見える料理をした。

映には正直に、今日は無理をしないために、買い物には行かなかったって言って。

映はテーブルの上の料理を見て、十分ご馳走だって喜んでくれた。

本当は、花を飾りたかった。って言うと…映は玄関に戻って、花束を持って来た。

「買ってくれたの?」

「入籍したんだぜ?祝わなきゃな。」

「…ありがとう…」

事故には遭ったけど…

やっぱり、いい日だなあ…って思った。


お医者さんに言われた事を映に言うと。

「そりゃ当然だ。明日の朝が一番心配だな…洗い物は俺がするから、朝子は楽にしてろ。」

そう言ってくれて…甘える事にした。


こんな、特別な日の夜は…

くっつきたい気分だったけど。

とにかく…心配かけたくない。

そう思って、早く休むことにした。


「あ…お兄ちゃんには連絡しとかなくちゃ…」

すごい剣幕だったもんね…


メールでいいかな。

『朝子です。今の所何ともないです。心配かけてごめんね。色々ありがとう』

送信。


だけど、お兄ちゃんとは…

しばらく連絡がつかなくなった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 26th 16

    06/26

    「……」「…咲華。」「……」「咲華。」「……...

  2. 35th 13

    07/24

    「紅美。」「……」呼ばれて目を開けると…「おまえ...

  1. 呼び出し音が耳に響く。「久しぶりやな?」低音の...

  2. 21st 56

    06/21

    「……」朝子の前では普通にしてるけどー…あれから、兄...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 不在時に来た子供が発作起こした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3