ブログランキング20

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3360
  • 読者 726
  • 昨日のアクセス数 9800

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/11 18:08:19

  • 85
  • 0

それから映は…

F'sの新メンバーとしてのお披露目が忙しくて。

雑誌にテレビ出演に、スタジオや会議…

本当に毎日忙しくしていた。

なのに、うちの両親にも会おうとしてくれてて…

「電話、まったく通じねー。」

「仕事中は二人とも仕事用の携帯しか出ないと思うし…」

「だよな。ま…しつこくて嫌われない程度に…って、もう嫌われてるかもしれねーけど。」

「ふふ。」

「…朝子。」

「ん?」

「俺、ド派手な結婚式やりてーんだ。」

「……ド派手?」

「こう言っちゃ悪いけど…二階堂の結婚式って、地味そうじゃん?」

「…う…う…うー…どうかな…」

だいたい…二階堂の持ち物である場所での式の後、敷地内でのガーデンパーティー…みたいな流れになるのかな。

空ちゃんは、お嫁さんに出た方だから、二階堂ではやらなかったけど…

それでも、渉先生はかなり配慮してたと思う。


…もしかして、映…

あたしのために、ド派手にしたい…とか言ってるのかな…

「両親の了解もらえたら、式場選びに行ったり、ドレス選びに行ったりしようぜ。」

「…気が早いなあ…」

「最初のプロポーズから一年以上経ってんだぜ?早くないよな。」

「そっか…そうだね…」

映にそう言われて…あたしは少し楽しくなった。

結婚式場…

ドレス…

何だか、ワクワクしちゃう。

…でも…

そうすると、やっぱり…

顔の傷、治したい。


「…朝子。」

「え?」

ふいに、映があたしの頬に触れた。

「この傷の事なんだけどさ…」

「……」

「手術、受けろよ。」

「映…」

初めて…受けろって言われた…

あたしが戸惑った顔をすると。

「俺は、構わない。だけど、朝子のためにならないと思う。」

「……」

「今すぐじゃなくて…結婚がちゃんと決まってからでも、式が終わってからでも…」

「映…」

「とにかく、朝子のタイミングでいい。受けろよ。」

映の声は…迷いがなかった。

あたしの目を見つめて、あたしのためだ、って。

…うん…

「…あたしのタイミングって…言ってくれてありがと…」

あたしがそう言うと、映は頭を撫でて…抱き寄せてくれた。

「アメリカで、手術を受けないかって…言われてるの。」

「…その時には絶対ついて行くから。」

「…もう少し…自分の中で…ハッキリさせたい事があるから…」

「…分かった。」

「ごめんね…」

「謝るこたねーよ。朝子は…進むって決めたんだろ?」

映の…笑いの混じった声に、何だか…癒された。

そうだよ…

あたし、進むって決めたんだよ。

二階堂を出たあの日に。


ずっと同じ所で止まってるけど…


絶対…

今より、先に進んでみせる。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 遠距離だった1年半近くをかけて、雑誌やインターネットを見なが...

  2. 仕事が始まり、忙しい日々の中、自分たちの準備もしなければなら...

  1. 149

    2015/02/06

    結婚が決まって、まず私が買った物。それは『ゼクシィ』...

    いちご

    • 30
    • 0
  2. 相原さんの頑張りのおかげで何とか結婚へ許しが出た。お...

    手紙

    • 15
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/12 編集部Pick up!!

  1. 「孫依存」の母に振り回される
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 不倫相手と関係切れていなかった

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3