ブログランキング20

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3456
  • 読者 737
  • 昨日のアクセス数 13642

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/11 17:09:52

  • 87
  • 0

顔の傷の事を…

お兄ちゃんに相談した。

先生が手術においでって言ってくれて…

後は、あたし次第って。


お兄ちゃんは、あたしのしたいようにすればいいって言った。

…そうだよね…

決めるのは自分だもん。

ただ、旅費や滞在費、医療費は気にしなくていいって言われた。

あたしだって働いてるし、昔から…お金なんて使う事のない生活だったから、コツコツ貯めた物がある。

そう言うと…

…きっと、海くんが自分が払うって言うに決まってる…って。

そっか…。

やっぱり、周りも、海くんも…

あたしの怪我は、海くんのせいって思ってるんだよね。

あたしが勝手に助けただけなのに。


ただ…

いつ手術を受けよう。

なかなか…その踏ん切りがつかなかった。

それに、映にも…まだハッキリ相談してないし。

今のままでいいって言ってくれてた映に、手術を受けるって言うのは…どうなのかなって気持ちがあって。

…ダメだな…


店の事も…

あたしはいまだに厨房のみ。

言われた途端、少し怖くなったから…。

あたしは確かに、全部を傷のせいにしてる。

便利に使ってしまってる。

だから、手放せないんじゃないの…?


「朝子!!」

早番で、店を出て歩いてると、映の声が聞こえた。

「…映?どうしたの?」

映は…走ってあたしの前まで来ると。

「F's決まった!!」

そう言って両手を広げて。

「決まったんだ!!」

あたしを抱きしめた。

「え…っ、F'sって…」

「あのF'sだよ!!俺、あのF'sのベーシストになるんだ!!」

ギターは映のお父さんで、ボーカルは、華月ちゃんのお父さん。

ここ数か月、毎日のように聞いてた名前『F's』…


「良かった…映、良かったね!!」

ギュッと映を抱きしめ返すと。

「これで前に進める。」

映はあたしの目を見つめて。

「朝子、結婚しよう。」

以前も言ってくれたのに…

まるで、初めてみたいに言ってくれた。

「…うん…でも…うちの親…」

「手強い方が落とし甲斐がある。」

「……」

「あー…入らせてくれってしつこく言ってきたし、強く願ってはいたけど…夢みてーだ…」

映はそう言って、青い空を見上げて。

「ちくしょー…なんていい日なんだ。」

嬉しさを隠しきれない声で言った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 19th 18

    06/17

    「あー。」キラキラなネオン街。あたしは当てもなく、ぶ...

  2. 11月29日 昼5東 朝子「経過はどうだ?」そ...

  1. お父さんの出向が終わって実家に帰ってきた。毎日お父さんを...

  2. 37th 69

    08/12

    「はーい、みなさんこちらお願いします。」カメラマンさんの...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/22 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3