ブログランキング11

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 2440
  • 読者 650
  • 昨日のアクセス数 35512

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/10 21:20:47

  • 80
  • 0

これが…女の勘ってやつなんだろうか。

海くんと紅美ちゃんの時は微塵も発動しかったのに…

なぜか…今回は十分に働いてる気がする。

…働かなくてもいいのに。


あたしはそのお店を出た後、華月ちゃんに連絡を取った。

『家に居るからおいでよ』

華月ちゃんはそう言ってくれて…

あたしは、初めて…桐生院家にお邪魔した。


「…う…わー…」

口を開けて見渡してしまう。

な…何なんだろう…この大屋敷…

二階堂のそれとは違って…すごく…

「…観光名所みたい…」

あたしが小さくつぶやくと。

「表から見ると、ね。でも、裏は増築増築で大変な事になってるのよ?」

華月ちゃんは首をすくめた。

でも…すごい…


「さ、入って。」

「お邪魔します…」

玄関に活けてあった花も見事だったけど…

こうして歩いてる廊下の壁にかかってる一輪挿しも、すごくオシャレ…

やっぱり、花のある生活っていいなあ…

さすが、華道のおうち…


華月ちゃんの部屋に入ると、そこは本当に眩しいばかりな気がした。

女子力高いって、こういう事!?

シンプルだけどオシャレなんて…センスがあるとしか思えない。

さりげなく置かれてるアクセサリーだって、インテリアみたいだし…


「今日は仕事の帰り?」

紅茶を出してくれながら、華月ちゃんが言った。

「う…うん。それで…さっき、ガッくんに会って…あの…お店に…」

つい、しどろもどろになってしまった。

ダメだな…あたし。

意識してますってバレバレな気がする…。

華月ちゃんは、ガッくんともイトコ。

色々…知ってるかな…なんて。

あたし、いつも探りは華月ちゃんに…だな…。


「ああ、choconに行ったの?」

「うん…華月ちゃんは行ったことある?」

「行った事があるどころか、大ファン。」

華月ちゃんはそう言うと。

「choconの服、すごく雰囲気があって好きだから、着て出ちゃった。」

雑誌を手にして、ページを開いた。

「これ。私服OKって言われたから、迷わずチョコちゃんの服にしたの。」

そこには、華月ちゃんがさりげない笑顔で新緑の中を歩いてるショット。

…か…可愛い…

「…チョコちゃん?」

ん?と思って聞き返すと。

「うん。千世子ちゃん。朝子ちゃんは面識ないんだっけ?」

「…うん…お店で会ったのが初めて…」

「そっか。チョコちゃん、詩生の妹なの。」

「えっ…」

と、驚きを声にしてしまってから後悔した。

なんて言うか…

華月ちゃんの彼氏、詩生さんは…

すごく、顔立ちが派手だ。

可愛いとも綺麗ともカッコいいとも言える表情を持ってるし…

すごく、目を引く。

だけど…

ガッくんの奥さん…千世子さんは…

綺麗な顔立ちではあったけど…

地味目な感じだった…。

…って、あたしに言われたくないよね…

あたしも十分地味だし…


「それで?何悩んでるの?」

「…え?」

「浮かない顔してるもん。何かあったんでしょ?」

か…華月ちゃん…

するどい!!

…だけど、こんな…ただのあたしの勘の話なんて…

していいのかな…?

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 「お~…ちょ…度胆抜かれた。」曽根さんが大袈裟に目を丸く...

  2. 34th 41

    07/21

    「着いた。」それまで無言だった希世。車を停めると、あ...

  1. 37th 40

    08/10

    「うわ…」あたしは、そのお店の前で小さく声を上げた。...

  2. 25th 59

    06/25

    『…もしもし。』個展では…早乙女に会う事はなかった。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/24 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  3. ママ友の発言にドン引きした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3