ニンフォマニアック 2

Sex Addict な人生

  • 記事数 375
  • 読者 2270
  • 昨日のアクセス数 1768

救世主到着

しおりをはさむ

2017/08/09 17:46:49

  • 306

会社を出てタクシーに乗り込み
向かってる間中
携帯をずっと繋いだままにしてくれた

暴行受けたとかないのかと聞かれ
そうではない
指一本触れられてないと言うと
崇も少し安堵している様子だった



「 もう着くから 周り見てから部屋に行く

インターフォン鳴らすまで 切るよ 」

電話を切ってから
少し緊張感が走る

近くにいて
崇に何かあったらどうしよう
大丈夫かな



携帯が鳴る
崇だ

「 周りには それらしい奴いないみたいだよ 」

インターフォンが鳴った
覗くと 携帯を耳に充ててる 崇が立ってる
施錠を外し ドアを開ける

靴も履かずに
崇に抱きつく

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. 心臓が痛いほど 鳴っている足早にその場を 立ち去る...

  2. いつまでも、甘えるあたしに崇幸は困り始め、携帯になかなか出な...

  1. あたしは崇幸の住む所へ出かけた。好きなアーティストのライブ...

  2. 結婚の話は進まなかった。崇幸と約束した事も実現できないまま...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

1/17 編集部Pick up!!

  1. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  2. イヤイヤ期の復活で爆発しそう
  3. 3年も不倫続ける姉を説得したい

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3