一番愛した人

社内恋愛してた彼の結婚、社内不倫、出会い系、私の結婚話をメインにした実話です。

  • 記事数 730
  • 読者 266
  • 昨日のアクセス数 940

入籍と妊娠

しおりをはさむ

テーマ:家庭 > 夫婦生活

2017/08/10 01:15:33

  • 23

2013年2月21日

マサとの入籍日。

この日マサは有休を取り、二人揃って区役所に行った。
婚姻届を提出し、私たちは夫婦になった。

私もマサも2回目。
もう失敗はできない。

新たな気持ちで再出発した。

区役所を出て、すぐ二人で写真を撮った。
記念に撮りたかったらしい。
マサからの提案だった。


その後高島屋に行き、私の好きなディンタイフォンでランチを食べた。
それから、新居用の買い物のため雑貨やさんに行った。
それでもまだ16時。
お茶をしながらゆっくり過ごした。


入籍日ディナーは素敵なレストランでしたかったが、全然お腹が空かず、夜は神戸屋レストランで軽く食べた。

「入籍日は毎年フレンチとかイタリアンが良いなぁ」と伝え、「そのつもりだよ」と言ってもらえたが、すぐに妊娠したため、入籍から4年経った今でもまだ叶えられていない。


こんな一日だった。


この日からマサとの同居が始まり、慣れない家事をなんとかこなしていた3月上旬。
なんとなく身体が熱かった。

その状態が続き、妊娠を確信。
3月13日に妊娠検査薬での陽性反応。
3月15日に産婦人科で妊娠確定。
3月17日から悪阻スタート。
3月25日に妊娠悪阻入院。

と、入籍1ヶ月後は悪阻真っ最中だった。

食べても飲んでも吐く生活。
ケトンが出て、入院にて点滴。
約3週間の入院だったが、マサは毎日来てくれた。
「忙しいのに19時までにはあがって頑張ってきてるんだから」といつも恩義せがましく言われて苦痛だった。
「来なくて大丈夫」と言っても毎日お見舞い。
入籍して間もない上、悪阻入院だったので、マサの習性がわからないまま新生活がスタートした。


退院後も安定期までは毎日吐いてた。
ご飯も作れず、ただただ寝て過ごした。
今思い出しても辛い。

ちなみに、退院はほぼ強制退院。
担当医が悪阻に理解がない人で、「俺の奥さんも毎回悪阻で6Kg痩せたから大丈夫」だの「寝てないで退院してファミレスにランチとか行けば気が紛れるよ」だの、悪阻ぐらいで入院すんなよ!オーラを出しまくってた。
一方、院長先生には「いつまでもいても良いよ~」と言われてたので、吐くのが治まったら退院しようと考えてた。
そんなある日の朝、担当医に個室に呼び出され、「で、いつ退院すんの?早く退院しなよ。」と迫られた。
妊娠初期の妊婦を個室に呼び出して脅迫まがいのことをしてきた担当医。
その時は気丈に対応したが、ベッドに戻ってから泣いた。
泣きながら助産師さんや院長に話を聞いてもらい、なんとか落ち着き、この日の夜に退院した。
無事出産したからまだフツーに話せるが、もし何かあったらこの担当医を訴えていただろう。
現在もいるみたいなので、産婦人科受診の際は、担当医が休みの日に行くようにしている。


話は戻り、安定期に入ると嘘のように悪阻の症状がなくなり、お肉料理が無性に食べたくなった。
そんな私のためにマサは美味しいと評判の焼き肉やさんやステーキやさんを探し、毎日のように連れてってくれた。
悪阻で5Kg落ちた体重はあっという間に元にもどった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. なんだかんだで帰省先から東京に戻り、旧居の引き渡しを完了させ...

  2. 入院生活3日目。1日の流れも掴めて、入院生活にも慣れ...

  1. 経過5

    2016/09/02

    11回目の受診、34週3日。赤ちゃんは2320g先生から...

  2. 今妊娠8ヶ月前半なのですが、少し食べたり飲んだりしただけで...

    しるし

    • 8
    • 0

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/24 編集部Pick up!!

  1. 妊娠報告に「バカなの」と義両親
  2. 子あやし疲れ少し休憩していたら
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3