ブログランキング43

一生忘れることのできない恋

前回のブログ、誤って削除してしまいました。また私を探してくれた皆様に感謝です!

  • 記事数 487
  • 読者 1756
  • 昨日のアクセス数 5517

思い出の味

しおりをはさむ

2017/08/12 13:49:22

  • 233
  • 0

『俺にもひと口ちょーだい?』

『いいよ、はい。』

飲みかけの缶コーヒーを
運転しているユウタに手渡す。

『サンキュ。』

前を向いたまま、ユウタがひと口飲んで
私に戻す。





そう、ミルクとお砂糖の入った
甘いコーヒーはユウタとの思い出の味。

これからは甘いコーヒーを好きになる。





そのあとも、ユウタが面白いことを言ったり
仕事の話をしたり……
楽しくドライブをした。


信号で止まって……。


『ミユ?』

ユウタに呼び止められてふりむくと……




チュッ





軽く唇が重なった。







『……なに、いきなり笑!!』

『んー、したかっただけ。』

ユウタがいたずらに笑う。

『もぉ~💦』



手を繋いで、じゃれあって、求めあって……




ユウタといる時間は、幸せだった。
幸せな分だけ、罪悪感。





早くHIROのことなんて
忘れてしまえばいいのに……。



ユウタと一緒にいるときの幸せな気持ちから
一人になったとたん襲ってくる
罪悪感。





入り口でユウタと一度別れ、
女湯に浸かり、一人悶々とする。





でもいまは時間が流れていくのを待つしかなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 冷凍のほうれん草のおひたしとシーチキンの缶詰の半分と目玉焼き...

  2. 私は酒好き。でも、昨日自宅にストックしてある白ワインを飲...

  1. ブラックコーヒーを冷まして、バニラエッセンスとプロテイン入れ...

  2. 夜中にも、朝方にも、どちらからともなく求めあった。美...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/18 編集部Pick up!!

  1. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い
  2. 新築お披露目で義両親にイライラ
  3. 付合い辞めたら悲劇のヒロイン化

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3