ブログランキング19

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1634
  • 読者 2410
  • 昨日のアクセス数 14593

小説)12裏の顔ー大阪編

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/08 23:03:31

  • 122
  • 2

彼がジャケット、シャツを脱ぐ。その姿を見ながら、私も着ているものをすべて脱ぎ捨てた。ベットが沈む。彼の手が足首から上へ撫でていく。小さく体が震えた。その手を誘うように足を少し開いた。

彼は何も言わずにソコを撫でた。そして、私をただじっと静かに見つめていた。指先で感触を確かめているようだった。確かめなくても、ソコはもう濡れていた。それが無性に恥ずかしくて、私は彼から顔を反らした。

「ダメだ、サヤカ……」
強い言葉ではなかった。だけど、彼を見るには充分だった。
「俺を見ろ……俺だけを」
不意に中に指が侵入した。
「ん!」
「濡れて……熱いな、ここは」
簡単に侵入を許した私のソコは、愛液を流し、指を更に受け入れる。
「はぁ……伯……」
「ん?」
余裕たっぷりの顔が何事もしていないかのように、私を見る。私は今にも彼に抱いて欲しいのに。
「お願い……」
私は彼の首に腕を巻きつけた。
「何?」
その顔にはうっすら笑みを浮かべている。
「すぐに俺はやらない……」
中の指が抜かれた。その指を彼は私に見せつけるように舐めた。
「そうだろ?お前から離れたのに……それとも」
乳房に吸い付く。
「ん!」
鈍い痛みが走る。
「このまま帰るか?ん?」
そんなこと出来るわけない。彼もわかっている。それでも、この意地悪な男にどうしようもなく抱かれたいと思う自分がいる。

「ふたつにひとつだ……どうする?」

私の体は……いや、私の心は彼に電話をかけたときから決まっていた。

同じテーマの記事

コメント2

しおりをはさむ

  1. クララさん(49歳)ID:6581829・08/08

    久しぶりにゾクゾクしています♡

  2. ヒロさん(45歳)ID:6581814・08/08

    キャァ〜\(//∇//)\

関連するブログ記事

  1. 私の中から少しずつ溢れてくる愛液。ブランケットをかけているか...

  2. 彼の舌が首筋からゆっくり下りていく。大きな手に包まれた乳房が...

  1. 彼の腕は力強く私を抱き寄せた。その唇は私を貪るように、激しく...

  2. 私は恥ずかしくて、そこを手で隠した。 「それじゃあ、...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/20 編集部Pick up!!

  1. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. 不在時に来た子供が発作起こした

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3