ブログランキング17

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3336
  • 読者 727
  • 昨日のアクセス数 15243

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/10 07:48:40

  • 82
  • 0

俺が訪れたのは、日が変わる一時間前。

今は午前二時。

俺と朝子ちゃんは、ずっと…お互い自分の事を話している。

何が好きで何が嫌いで…

何が得意で、何が苦手か。

時には突っ込んで質問したり…

泣くほど笑って拗ねられたりもしたが…

…うん。

目の前の朝子ちゃんは…

俺が思ったより。

俺が勝手に作り固めてしまってたイメージより…

ずっと…ずっとずっと純粋だ。


「俺としては、やっと仕事先を教えてもらえたのが嬉しい。」

正直にそう言うと。

「そ…そうよね…本当に…誰にも言ってなかったからとは言え…映くんにも言わないなんて…ね…」

朝子ちゃんは少し弱ったような顔をした。

「ごめんね…でも、ハリーには…バレてるの。」

「…なんで?」

「たまたま…店の前でバッタリ会って…」

「…そっか…」

仕方がない。

俺は滅多に外食しない。

ましてや、日本に来て一人暮らしをしてるあいつがどこで何を食ってようが…何も言えるわけもない。


「ま、いいさ。俺は偶然じゃなくて、ちゃんと教えてもらったんだからな。」

笑いながら言うと。

「…ありがとう。」

朝子ちゃんは、小さくそう言った。


特殊な環境で育った。と華月から聞いて。

その辺も…突っ込んで聞きたかったが…

俺が家族構成を。

『親父はギタリスト。母は元シンガーで今は専業主婦。』

と言ったのに対し…朝子ちゃんは。

『あたし以外の家族は警察の特別機関で働いてて…』

と言った。

その時点で…その部分は聞くのをやめた。

特別機関って事は…あまり表沙汰にしない方がいい情報なんだろうし。

だけど…

「あのさ。」

「ん?」

「朝子ちゃん以外の家族って、何人?」

そこが気になった。

何となく大家族を彷彿させる。

「あ…変な言い方しちゃった…なんて言うか…あたし自体は、両親と兄の四人家族なんだけど…同じ敷地内で家族みたいに生まれ育った者もいて…何だか、大家族みたいに思えちゃってるって言うか…」

「…そうか。」

同じ敷地内。

なぜか、昔誰かと必死で見た気がする『ムツゴロウ王国』を思い出した。

同じ敷地内で他人と共同生活をする。

それが一人っ子の俺には刺激的に思えたし…反対に、俺には出来っこないと強く思わされた。


「お兄さんとは何歳違い?どんな人?」

俺の問いかけに朝子ちゃんは一瞬目を丸くした後、少し間を開けて。

「…えっ…と…」

瞬きをたくさんした。

「…すごく年が離れてるとか?」

言いにくそうにしてる朝子ちゃんに問いかけると。

「…あの…もう…会ってる…し…」

申し訳なさそうな上目使い…

「…もう会ってる…?」

「…うん…」

俺の頭の中で…指鉄砲が命中した。

…マジかよ。

兄妹っぽくなかったぜ?

顔だって、全然似てなかったし…

「……ヤバい…」

ついそう言ってうなだれると。

「えっ、どうして?」

朝子ちゃんは俺の顔を覗き込んで。

「兄こそ…あんな状態で出て来て失礼な事言って…ごめんね。」

…いや…朝子ちゃん。

お兄さんの言ってる事は…間違いなかったさ。

俺は、付き合い始めたと言うのに…いつも朝子ちゃんを泣きそうな顔にしてたと思う。

そのうえ…

今度泣かせたら、殺すって言われたダメな奴だ。


「…朝子ちゃん。」

「は…はい…」

朝子ちゃんの肩に手を掛けて。

「俺、もう…泣かせないように頑張る。」

目を見つめて言った。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 少しずつ言葉が達者になってきたので、今までは「うさぎのお店...

    小部屋

    • 6
    • 1
  2. メイ「ずっと黙っててごめんね」あゆみ「…………」メイ...

  1. It was devastating news - powe...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/24 編集部Pick up!!

  1. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 妊娠報告に「バカなの」と義両親

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3