ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 1725
  • 読者 580
  • 昨日のアクセス数 23842

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/09 12:34:44

  • 71
  • 0

「……」

だ…だめだ…

つけてるテレビを見てるつもりなのに…

あたしは、ニヤケ顔が止まらなかった。


このテレビも、世間を知るためのって言うか…

情報収集のために、思い切って買った。

二階堂にあるテレビは、ほぼニュースを見るための物で。

バラエティやドラマなんかがやってるの、見た事なかった。

あたし、そういうの少し…勉強した方がいいよね…

って、勝手に思って、買った。

だけど、長時間見るのは疲れる。

…習慣って、恐ろしい。


今日は…東さんとデートだった。

…デート…

最初はそう思わなかった。

ただ、会えない?って聞かれて…

何か話でもあるのかな…って思った。

だけど…

手を繋いで…抱きしめられて…

…キスされた。


それも…

あたしの事、好きって…言ってくれて…


「あ…もう…」

あたしは膝を抱えたまま、ごろんと横になる。

「……」

好きって言われる事が…こんなに嬉しいなんて…

生まれて初めて、告白された。

何だか…ふわふわした気分…


あれから、東さんは…

「東さんなんて固いよ。映って呼んで。」

「えっ…そんな、呼び捨てなんて…無理です。」

「じゃ、みんな映ちゃんって呼ぶから、それでも。」

「…映…ち…映くん…でもいいですか?」

「…いいよ。それと、こないだはタメ口だったのに、何で今日は敬語?」

「えっ…あたし、そんな失礼を…?」

「失礼じゃないよ。タメ口でいーって。」


それから、ドライヴして…

食事に行った。

東さ…映くんは…

あたしに色んな質問をして。

あたしが『あずき』の名前は出さずに、厨房で働いてるって言うと。

「いつか俺にも飯作ってくれる?」

って…

どこまでも、あたしを気持ちよくしてくれた。


だけど…

映くんがお会計をしてくれてる時に…

外で待っててって言われて。

あたしが先に外に出てると…


あたしとすれ違った女性三人組が。

「…見た?顔の傷。隠せばいいのにね。」

お酒が入ってたのか…

女性たちの声は、大きかった。

あたしは…楽しい時間で、すっかり忘れてた傷の事に気付いて。

慌てて髪の毛で顔を隠した。


すると…いつの間にあたしの隣にいたのか…

「待たせてごめん。」

映くんが…あたしの肩を抱き寄せて。

「俺、この傷も含めてこの子を好きなんだよなー。」

女性たちに向かってそう言って…あたしの髪の毛を耳にかけて…

傷に…キスをした。

「何も問題ない。」

「…映くん…」

「堂々としてろ。」

「………うん。」

初めて…

気にしない。って…思えたかもしれない。


あたし…

彼といたら…

強くなれるかな。


…変われるかな…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/20 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 未婚なら複数交際するのはありか
  3. 浴室乾燥中にシャワーを浴びる夫

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3