ブログランキング12

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 3318
  • 読者 729
  • 昨日のアクセス数 15918

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/09 11:52:25

  • 79
  • 0

『朝子ちゃん可愛いから…』

東さんの言葉が、頭の中でグルグルと…

ああ、やだ…

あんなの…社交辞令だよ…

だって…

こんな、酷い傷が残ってるのに…

モテるわけないもん…


「…朝子ちゃん、顔に出過ぎ。」

「…え?」

「俺が言ったの、嘘って思ってんだろ?」

「え…あ…だ…だって…」

次の瞬間…

「…あ…東さん…?」

いきなり…抱きしめられた。

な…

ななな…

なんで…!?

「…朝子ちゃん。」

「…は……い…」

「君は何か理由があって、自分に自信が持てないんだろうけどさ。」

「……」

「俺は、初めて会った時から…ずっと朝子ちゃんに惹かれて…忘れられなくて…」

「……」

「今、こうしてるだけで…すっげー癒されてるんだぜ?」

…癒されてる?

あたしに?

抱きしめられた事にも驚いてるけど…

あたしに癒されてるって言われて…

言葉が出なくなった。

ただ…

心臓は…

かなり、うるさい。


「あたしの事知らないクセに、って言われるかもしれないけどさ。」

…まさに…浮かんだ言葉ではあるけど…

「俺、朝子ちゃんの事、好きなんだよね。」

「……」

「今まで気持ちを言わずに後悔してばっかだったから…早めに言う事にした。」

「…で…でも…早過ぎない…かな…」

「ははっ。早過ぎか。俺、焦ってんだろーな。」

「…焦る?どう…して?」

緊張して…

言葉が、ちゃんと出て来ない。

「さっきも言ったけど、朝子ちゃん可愛いから。」

「可愛くなんか…」

「可愛いよ。」

「……」

「もし…俺を受け入れてくれる気になったら…付き合ってくれないかな。」

何なんだろ…この展開。

あたし、先月婚約破棄したばかりなのに…

もう、違う男の人に抱きしめられて、ドキドキしてる…


だけど…

抱きしめられるのって…安心する。

特に…

自信のないあたしは…


「…あたし…」

東さんの胸で、小さく言う。

「うん。」

「…自分に自信がないので…告白されても…騙されてるんじゃないかとか…」

「ま、仕方ないよな。まだ朝子ちゃんにとっては『会うのは三度目の男』だもんな。」

う…

そ…そうなのよね…

だけど…

「そうだけど…こうして抱きしめられるのは…なんだか…安心します…」

あたしは、素直な気持ちを口にしてみた。

こんな展開…嘘でしょ⁉︎って思う反面…

この腕の温もり…

憧れてたものだ。


「……」

東さんは、あたしを抱きしめる手に…少し力を入れた。

「そんな風に言ってくれて…サンキュ。」

耳元で…東さんの声。

ああ…ドキドキする…

あたし、根が軽いのかな…

だけど…

東さんを、もっと知りたい。

そう思ってるあたしもいる。

「……」

顔を上げると…至近距離で目が合った。

もう…心臓がおかしくなりそう…

「…いいの?」

目を逸らさないあたしに、東さんが言った。

「…え?」

「そんな目で見てたら…キスするよ。」

「あ…」

慌ててうつむこうとしたけど…

「もうダメ。」

東さんはそう言うと、あたしの顎を持ち上げて…

「我慢の足りねー男でごめん。」

少しだけおどけた口調でそう言って…

あたしに、キスをした…。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. せっかく綺麗にしてるのに。あたしを囲んでるのは、知らない...

  2. 顔を上げると、笠間さんがすぐ近くであたしを見下ろしていた。...

  1. 50th 66

    10/25

    11月19日 昼3二階堂咲華「今夜から全力でベッド...

  2. 7th 10

    05/15

    「寒くない?」高津さんの優しい声が耳元で聞こえて、あたし...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/20 編集部Pick up!!

  1. 子持ちが羨ましくて退職を決意
  2. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  3. 共稼ぎなのに夫が家事をしない

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3