アホな男に10年を捧げた話。

アホな男と分かっていても好きで好きで仕方なかった彼との恋愛について書いていきます。

  • 記事数 180
  • 読者 68
  • 昨日のアクセス数 158

占い師との出会い。

しおりをはさむ

2017/08/08 08:07:42

  • 3
  • 0

彼と夕方から会う約束をしていたある日、私はいつものようにステーキハウスへ遅いランチを食べに行った。
すると、カウンターに座っている女性が、マスターの奥さんと仲良くおしゃべりしている。

「私の友達なんやけど、占い師なんやで。
なんか気になることがあれば占ってもらいや」
奥さんのその一言で、占いをしてもらうことになった。

「今付き合っている彼と結婚したいのですが、いつごろがいいんでしょうか?」
それから始まり、彼と私の生年月日や名前を聞かれた。
名前の画数と、生年月日を数値化したもので占うそうだ。

「彼とあなたの相性は、決して燃えるような恋ではない」
その一言で私がガッカリしたのが伝わったのだろう、占い師は更に続ける。
「落ち込まないで。
実はこの相性が、結婚には一番適しているの。
燃えるような恋は、冷めたら一気に崩壊するの。
結婚生活に大事なのは、細く長くよ」

「彼は最近、転職することになっています。
結婚するのは、新しい仕事が落ち着いてからの方がいいのですか?」
占い師は先程計算した数字の羅列を見て、言った。
「あなたたちが一番結婚に適しているのが、今年の終わりよ。
結婚式は後回しにしてでも、取り敢えず籍だけ先に入れちゃいなさい。
このチャンスを逃すと、次に良くなるのが」
そこまで言って、占い師は少し考えた。

「そう、12年後の夏ね」
12年後!
その時私は38歳になってしまうではないか!
これはなにがなんでも今年中に結婚を決めなくては!

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 12/02

    何となく悪い人に引かれる私。??私にはないものを持っ...

  2. 前回分の書き忘れ。メンディーと話していた時のこと...

  1. 雪月花

    2015/02/06

    粉雪の中しんしんとあなたの傘の中で涙して月の満ちる...

  2. "May the stars carry your sadn...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

11/22 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3