ちはるさんのブログ

過去のプラトニックなお話です。

  • 記事数 84
  • 読者 52
  • 昨日のアクセス数 729

夜の駐車場で

しおりをはさむ

2017/08/12 22:06:18

  • 1
  • 0

8月下旬。

コンクールの地区大会も終わり、県大会へ向けてラストスパートの時期の金曜日。






夜8時過ぎに外を歩いているとスーパーの駐車場に、見覚えのある姿が見えた。





近くまで寄って確信がついたので声をかける。




『あのぅ・・・志水先生、ですよね?』







最後に会ったのは、確か春休みの演奏会のあの日だ。


すごく久しぶりで、志水先生も喜んでくれた。




なんでこんなところに、と一瞬思ったが、思い当たる節はあった。





部活の今の状況のこと、もうすぐ行われる県大会のこと、受験のこと。




近況を報告したあと志水先生はこう続けた。



『田北くんも一緒に来てるんだよ。
話したいでしょう? 今呼んでくるから。』



『え? あ、ありがとうございます・・!』







田北先生も来てるんだ、そっか、そうだよね!

でもこんな所で会うなんて・・・っ


汗で髪の毛ボサボサになってそう!









しばらく駐車場で待っていると、田北先生の姿が見えた。
買い物袋を手に、手を振ったりはせず、こちらをまっすぐ見ながら近づいてきた。



私は嬉しくて、会釈したあと先生がもう少し近づいたところで駆け寄った。




『村井ー
お前こんな時間にどうしたの? 今志水さんから聞いてビックリしちゃった』



『ピアノの帰りなんです』



『あ、そうなんだ お前も忙しいなぁ』



『先生も忙しいですよね。 K中の合宿だって聞きました。 3泊4日だって・・・ 長いですね!』











K中は毎年夏になると、2度程合宿を行っている。


うちの学校には来なくなったけど、志水先生も田北先生もK中には変わらず指導に行っているので合宿にも参加しているらしい。




正直、ものすごく羨ましかった。


そんなにどっぷりはまり込んでコンクールに向けて練習できるなんて・・・。







『あぁ・・・でも俺は途中で帰るんだ。
志水さんは最後までいるらしいけど・・・大変だよね。』



途中で帰ると聞いて、なんだか少しホッとしたような気持ちだった。



先生は私を見てこう言った。



『お前も泊まりがけで練習したかった?』



『そうですね、泊まり・・・』

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/18 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3