人生一度きりだから…

ダンナしか知らなかった私が、不倫に溺れる日々…

  • 記事数 90
  • 読者 41
  • 昨日のアクセス数 11

テーマ:恋愛 > 不倫

2017/08/07 20:54:29

  • 3

上司の事は、もう吹っ切れた。

はずだった。


仕事ももう終わりの帰り際、「今日どうする?」って誘いの言葉。


「え?何言ってるんですか?」

私は動揺して、持っていたお皿を落としてしまった。

冗談でしょ?って顔で、上司を見つめたら、
どうやら本気らしい。

もちろん行かない。行けるはずもない。

だって私にはりゅうちゃんがいる。

でも、正直迷ってる自分がいた。

行ってはいけない。でもまた上司に今抱かれたら…。ドキドキが止まらなくなった。

はっきり断らなきゃ。

と思っても、はっきり断れず、苦笑いをして逃げるように立ち去ってしまった。

私、自分が嫌。まだ心のどこかで上司を想ってる自分がいる。

上司は遊びだよ?性欲を満たすために私を誘ってるだけ。

わかってるよ。、わかってるけど…。


愛のないセックスでも構わない。

私はまた上司に抱かれたい。これが私の正直な気持ち。。。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. こだわりがなくなって、りゅうちゃんに対する気持ちも冷静になっ...

  2. 何だか寂しい。本当は、りゅうちゃんに愛されてる自信なんて...

  1. 上司が冷たくなった理由…前と同じ理由だった。身体の不調。...

  2. 上司に抱かれてほんとに幸せだった。あれから毎日仕事中にお...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

6/19 編集部Pick up!!

  1. 妻を家政婦扱いする夫に呆れた
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3