とおく  ゆらぐ

拙いながら、過去の記憶の残骸を混ぜながら綴っています。フィクション率は85%・・・

  • 記事数 116
  • 読者 106
  • 昨日のアクセス数 1077

テーマ:小説 > その他

2017/08/09 12:48:38

  • 23
  • 1

「お母さんは、

お母さんはずっと、同じことを何回も
繰り返して 言い出したの。

私が、いかに、つまらないか・・・って


どうして・・・


どうして、お母さんがつまらないとか

そんな話になるのか、
そんな事を言い出したのか、
わからないの


・・・わからないの!」



絞り出した 私の言葉。





少しの静寂のあとに




兄が
口をひらいた。


「確かに・・・

その話を聞いても


よくわからないな・・・」


うん!
心の中で何度もうなずく。

顔を押さえられていて、実際には
首を動かせないから

気持ちの中で、力いっぱい
うん、うん!とうなずいていた。


本当に本当に、私にも全然わからない・・・!


本当に、説明が出来ない。


もどかしい


もどかしいけれど、
兄が “わからない” という事実に
とても納得ができてしまう。


自分の理解できていない事を

人に理解して貰おうとする事なんて

出来ない。
出来なかった。







「・・・つまり、謝恩会で母さんに何かあった。」


「何か・・・?・・・あ、う、うん」

何かって
舞のお母さんと、初めて会話をした事
これが、“何か”になる??


「実乃梨のことで、だね。」

「・・・う、うん・・・」

そう、私の事を、話した。舞のお母さんと

母が、私のことを・・・








「じゃあ、やっぱり、実乃梨が原因なんだね」

「!」


兄の声は、明るかった。
結論を出して、霧が晴れたような、
ポン と、突き抜けたような
朗らかな 声。




「母さんがあんなふうになったのは、全部


実乃梨のせいなんだね。」


納得したよ!

みたいな、
さっぱりした笑顔。


反対に、

ザアアッと血の気が引くような
冷気を 頭から浴びたような感覚で
固まる 私









私が

全部・・・悪い・・・?





顔を挟み込む兄の手に、ギュッと力がこもる。




私のせい?

私の・・・





「・・・学校から帰ってみれば、

家は真っ暗で、

母親は面倒な事になってるし、」


兄の力で

グルッと、体が回転する。



「結局は全部、

ピーピーピーピー泣いてるだけの

妹のせいか!


あああ、

本当に、疲れる」




そのまま引きずられる


押されらる


圧倒される



「面倒だよ、全く」


体が浮いて、

倒れて、


ボスッと、背中から


ベッドに叩きつけられた。

同じテーマの記事

コメント1

しおりをはさむ

  1. ポーラさん(101歳)ID:6582222・08/09

    みのりさん、今は幸せなんですよね☺️
    小さい子が心を痛めてるし、親に甘えられないなんて辛いですが今が幸せなら安心です👌

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/23 編集部Pick up!!

  1. 子連れに謝罪され感じたこと
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. あり得ない発言する義叔母が苦手

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3