ブログランキング9

いつか出逢ったあなた

登場人物全員が主役。スピンオフだらけの妄想恋愛小説。(大半がなんちゃってバンド系)

  • 記事数 1725
  • 読者 580
  • 昨日のアクセス数 23842

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/07 23:40:28

  • 76
  • 4

「よ。」

待ち合わせ場所に行くと、海くんが手を上げた。

沙都に続いて…海くんも帰国。

二階堂は、本当に…秘密組織じゃなくなるらしい。

だけど、日本ではやっぱりしばらく特殊な部類のまま。

この先、海くんはアメリカと日本…どちらに拠点を置くのか、決める事になりそうだ。って…父さんに聞いた。

それでも、堂々と警察関係の仕事だと言えることになるのは、楽なのかもしれない。


「沙都に会ったか?」

「うん。おととい。」

「あいつ、誕生日は絶対日本に帰っていたいって、かなり我儘言ったらしいぜ?」

「…そっか。」

なのに…

あたし、水族館デートは…

楽しかったけど、泣きそうな顔もしてしまった。

せっかくの誕生日だったのに。


「今日はみんな呼んであるんだ。」

「え?」

海くんの言葉に驚いてると。

「あれっ、紅美ちゃん?」

曽根さんがやって来た。

そっか。

沙都がオフって事は、曽根さんもだよね。


続けて…

「何の会だ?」

ノンくんがニヤニヤしながらやって来て…

最後に…

「あれ?みんなでご飯だったんだ?」

沙都がやって来て…

あたしを見付けて、少し嬉しそうな顔をした。


「沙也伽は悪阻が酷いって言ってたから誘わなかった。」

「あー、それ絶対根に持たれるよ?海くん。」

「でも今の沙也伽は、飯食いに行けねーだろ。」

「うん…確かに…」

そんな会話をしながら…あたし達は海くんが『行きたい』って言ってた『あずき』へ。

咲華ちゃんのお気に入りのお店は、いつの間にかみんなのお気に入りになってて。

「あたしの隠れ家みたいなお店だったのに、絶対知ってる人に会うようになっちゃった。」

って、ちょっとボヤいてた。


「おー、美味そう。」

海くんは、目の前に登場したヒレカツ定食に満足そう。

沙都と曽根さんも久しぶりのあずきに、悩みに悩んでカツ丼とロースカツ定食を頼んでた。

ノンくんは海くんと同じヒレカツ定食で、あたしは天丼にした。

みんなでビールで乾杯して。

沙都が。

「今日、慎太郎さんのお墓参り行って来たんだ。」

そう言って、お箸を持った。

「強行スケジュールだな。」

ノンくんが言うと。

「あさってには、またあっち行かなくちゃだから。」

沙都は首をすくめながらそう言った。


それから、曽根さんのマシンガントークをBGMに食事をして。

あたしは…時々ノンくんの口元に目をやってしまって。

自分にウンザリしてた。


無理だな。

無理で結構。


なんだろ…そんなひねくれた気持ちが、ずっとあたしのノンくんに対する態度をそっけなくさせてるような気がする。


「俺は…そろそろ動こうと思ってる。」

お膳を下げてもらって。

ビールを飲みながら、海くんが言った。

「動く?何をどう。」

ノンくんが問いかけると。

「ずっと同じ状態で変わらないのは、成長も進歩もないなって思ってさ。」

何となく…今、グサッて音があちこちから聞こえた気がした。

もちろん…あたしの胸からも。


海くんは、具体的にどう動くか…なんて言わなかった。

だけど、その海くんの言葉を、みんなそれぞれ勝手に解釈したみたいで。

「…ニカ、紅美ちゃんに正式にプロポーズするんじゃないかな…」

海くんが仕事で一足先に帰った後。

曽根さんがそう言って。

「…僕も、そう思った。」

沙都が同意する。

あたしは…違うなって思う。

海くんは、もうあたしとの事は吹っ切ってる。

だから、あたしの事じゃない…何かに動こうとしてるんだ。


「おまえも動けよ。」

ノンくんが沙都にそう言って。

「俺ももう帰るわ。」

立ち上がった。

「え?キリ、帰んの?」

「おまえも帰ろうぜ。」

「えー……あ、あー…そっか。そうだよな…。久しぶりに、親友同士飲むか!!」

曽根さんは、わざとらしくノンくんに合わせたけど…

「…ズルいね、ノンくん。」

沙都が…ノンくんを見上げてそう言った。

「あ?」

「逃げるの?」

「なんだそれ。」

「紅美ちゃんの事から、逃げてるよね。」

あたしの眉間にしわがよる。

ちょ…ちょっと、何言ってんのよ…沙都。

「それに、紅美ちゃんも。」

「…えっ。」

突然沙都に話を振られて。

あたしの眉間のしわは、さらに深くなる。

「なんで…気付かないフリしてるのさ。」

「…何のことよ。」

「ノンくんの事、好きでしょ?」

「えっ!!」

大声を出したのは、曽根さんだった。

「ちょっちょ…ちょっと待ってくれよ…紅美ちゃん、君…キリの事…?」

曽根さんは動揺してるけど。

あたしとノンくんは、表情を変えないまま。

…眉間に、しわが入ったまま…。

----------------------
今夜はここまで。
明日もよろしくお願いします☺️
夢の中で男前達がケンカになりませんように…
いや、私をめぐってしてくれても……
ないない(ノ∀`)アチャー

同じテーマの記事

コメント4

しおりをはさむ

  1. ヒカリさん(99歳)ID:6581780・08/08

    サラさん
    こんばんは!
    いつもありがとうございます😊

    紅美ちゃんになったら誰を選びますか⁉︎
    海くん、ノンくん、沙都…

    選べなーい( ´Д` )!

    まさかの曽根さんにしようかな(*´∀`*)

  2. ヒカリさん(99歳)ID:6581779・08/08

    ヒロさん
    ケンカをやめて〜二人を止めて〜♪
    私のために〜争わないで〜♪
    もうこ〜れ〜い〜じょ〜お〜♪
    同じ〜タイプの人を〜♪
    好きに〜なってし〜まう〜♪
    揺れる〜乙女心〜♪
    よくあ〜る〜こ〜と〜なの〜♪(うろ覚え)

    私を止めて

  3. サラさん(48歳)ID:6581405・08/07

    こんばんは♪今日もありがとうございました。佐都君ったら鋭いね。私も紅美ちゃんになりたいわ!!明日も楽しみにしてます。体調気をつけてね。おやすみなさい☆

もっと見る

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/20 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 誤爆LINEした彼を信用できない
  3. 割り込みして並ぶ子供にブチギレ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3