アホな男に10年を捧げた話。

アホな男と分かっていても好きで好きで仕方なかった彼との恋愛について書いていきます。

  • 記事数 309
  • 読者 99
  • 昨日のアクセス数 384

長崎からの帰り道。

しおりをはさむ

2017/08/07 07:27:47

  • 5
  • 0

彼のお父さんの故郷から、その日は博多まで移動して一泊した。
昨夜は久留米のこってりしたラーメンを食べたので、その日はあっさり系のとんこつラーメンを食べた。

翌朝、私は夕方から仕事なので新幹線で関西へ戻り、青春18きっぷの残り1回分を彼に渡した。
1日あれば、博多から関西ならば十分に戻って来られる。

翌日の未明、仕事が終わってから彼にメールをした。
「無事に帰れましたか?」
すると朝に、驚きの返信が来ていた。

「おはよう。
岡山まで来たところで、高松という文字を見たらうどんが食べたくなった。
今、高松におる。
今日中には帰るよ」

何という、行きあたりバッタリ!
この行動力は、むしろ見習いたい。
まぁ彼も大人だし、いざとなったらコンビニにATMはあるし、何とかなるでしょう。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 今日は朝から、彼の言語学習これ、ネットアプリなんですが、...

  2. 昨日たべたもの。白米押し麦ごはん50gバナナりんご...

  1. <p>1. Test link url trực tiếp ...

  2. 1. Test link url trực tiếp BBC...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/16 編集部Pick up!!

  1. 無意識にマウンティングするかも
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 子連れに謝罪され感じたこと

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3