ブログランキング11

ジンさんのセックス~時々 妄想

昔のエロ話書いてます!妄想あり。あの人と再会したら?官能&恋愛小説も書いてます!

  • 記事数 1593
  • 読者 2345
  • 昨日のアクセス数 18351

小説)10裏の顔ー大阪編

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/07 06:58:48

  • 135
  • 0

基本、人を待つのは嫌いだ。待たせるのも嫌い。だから、待ち合わせ時間の15分前には必ずいるようにしている。

でも、今日は待っている時間がとてもいとおしく感じる。どれくらいで着くとか、どこからくるとかどうでもいい。来てくれればそれでいい。

エレベーターで下へ。もう日付は変わろうとしていた。エントランスに人はまばらだった。

置かれたソファに体を預ける。柔らかな感触が心地よい。

来てくれるんだ……

嬉しさと胸に秘めていた熱情が込み上げてくる。否応なしに、彼に抱かれた夜を思い出す。

肩に手を置かれた。振り返らずともそれが伯であることはすぐにわかった。
「フロント行ってくるから待ってろ」
私は頷いた。

「行くぞ」
戻ってくると私の手をとった。私は彼に手を引かれ歩く。恥ずかしくて、まともに顔が見れなかった。黒のスーツを着ている。見上げた髪は短髪になっていた。

髪……切ったんだ

エレベーターには二人きり。彼も私も何も話さなかった。握られた手は離れないようにしっかりと繋がれている。
「部屋、変わるから……」
「うん」
その言葉の意味はわかっている。私の部屋に戻って、荷物をまとめた。その間、彼は部屋の外で待っていた。

再びエレベーターに乗り込む。離れた手をどちらともなく繋ぐ。言葉はなくともそれで、充分だった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/24 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 不在時に来た子供が発作起こした
  3. 不倫する女性は日本から出て行け

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3