アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 393
  • 読者 16
  • 昨日のアクセス数 363

時間が経ち夕方

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2017/08/06 20:20:43

  • 0
  • 0

朝食から何時間経ったか、忘れてしまった。
伊勢が言った。
「ここから見る夕焼けは綺麗らしい。千里に見せたくて
この場所を予約した。楽しみだな」
「ありがとう。楽しみ!」
「その笑顔いいな」
「え?」
そのとき、夕焼けになった。
「わぁ、綺麗!伊勢ありがとう。忘れないよ」
「千里が喜んでくれて良かった」
油断してる千里の耳元、首筋などにキスをした。
千里は心地よく受け入れた。
そして、千里も伊勢にキスをした。
最高の誕生日になった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 性描写の長編大作な方って記憶力すごいよねそんな事細かに...

  2. メニュー

    2015/08/23

    お昼前になると、ゆとり君の視線を感じる。豚の生姜焼き。と...

  1. 23000円

    2016/03/23

    通じているならと中途半端な23000円をコールしてとい...

  2. …3/11

    03/11

    今日は 真面目に…忘れられない思い出では ないけど...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/18 編集部Pick up!!

  1. 彼氏にLINE誤爆され別れを告げた
  2. 不倫相手と関係切れていなかった
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3