ミラさんのブログ

  • 記事数 9
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 1

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/06 13:56:50

  • 1
  • 0

ゆうきと初めて会ったのは今でも忘れない、桜の咲く春の気持ちのいい日だった

中学2年生にあがりたての春、新しいクラスに複雑な気持ちで向かっていた


私は中高一貫校だったので、地元の友達がいない状況でやっとできた友達たちとクラスが別れて、また新しく友達を作らないといけないというのは不安で仕方なかった


「みぃ〜‼︎ おはよ同じクラスだよあたしたち」
振り返るとあやが立っていた
あやは背が高くてしっかりしている頼り甲斐のあるお姉さんみたいな存在

「あや!ほんと?良かった〜」

そんなことを言いながら教室のドアを開けた

後ろであやが何か話していたが、そんなの何も聞こえなかった

私はある人から目を離せなかった

それが出会いだった

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 特に書くような事もないまま、2年生になった。相変わらず、...

  2. 高校2年生になった。二年生からは、クラスが文系と理系で...

  1. 中学入学

    2014/11/10

    皆は、中学生(*^▽^)/★*☆♪て、喜んで居たけど、中学...

  2. 進級してクラス替えしたが中学から仲良しの友達とはまた同じクラ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/21 編集部Pick up!!

  1. 「17歳下の妹」が大好きな彼氏
  2. FBの幸せそうな投稿見てイライラ
  3. 子持ちが羨ましくて退職を決意

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3