ミラさんのブログ

  • 記事数 9
  • 読者 0
  • 昨日のアクセス数 3

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/06 13:56:50

  • 1
  • 0

ゆうきと初めて会ったのは今でも忘れない、桜の咲く春の気持ちのいい日だった

中学2年生にあがりたての春、新しいクラスに複雑な気持ちで向かっていた


私は中高一貫校だったので、地元の友達がいない状況でやっとできた友達たちとクラスが別れて、また新しく友達を作らないといけないというのは不安で仕方なかった


「みぃ〜‼︎ おはよ同じクラスだよあたしたち」
振り返るとあやが立っていた
あやは背が高くてしっかりしている頼り甲斐のあるお姉さんみたいな存在

「あや!ほんと?良かった〜」

そんなことを言いながら教室のドアを開けた

後ろであやが何か話していたが、そんなの何も聞こえなかった

私はある人から目を離せなかった

それが出会いだった

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 田舎の小さな中学校誰かが付き合ったとか別れたとかすぐに...

  2. クラスを確認した私達は、入学式が行われる体育館に行くお母さん...

  1. 新学期②

    2017/02/27

    凜奈と同じクラス(2年4組)になれて、本当に良かった。新し...

  2. 1

    12/18

    自分なりのケジメをつけて、新たな気持ちのスタートを切った私…...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

7/21 編集部Pick up!!

  1. 出したゴミを漁る姑が気持ち悪い
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. 何もない所で何かを呼ぶ娘が怖い

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3