ミユキさんのブログ

新婚でお寺に嫁いだ私の奮闘日記

  • 記事数 70
  • 読者 163
  • 昨日のアクセス数 57

2017/08/06 05:59:57

  • 44
  • 0

3日後には
お寺の近くにある小さなハイツに入れた。

室長に休みを頂き
引っ越しを済ませた、元々荷物は
そんなに多くないから。


引っ越しすることを
流石に父親には言わなくてはならず。

保証人に
なって貰わないといけないし…

電話し、事の経緯を説明する。

「大丈夫か?
とにかく明日そちらへ行くからな…
良かったな、頼りになる男性が出来て。
お父さんも安心したよ」

父親は、心なしか元気がない感じがした。

夕方、宏樹さんがやってきて
「落ち着いた?
引っ越し手伝えなくて申し訳ない。
仕事の段取りつかなくて…
夕飯は、一緒に食べよう」

「ありがとう、お母様に挨拶しとかないと…」

○○やの羊羮を急いで持ち
庫裏に宏樹さんと向かう。

人通り挨拶する。

お母様は、気さくで
話し易くて助かる、ご主人亡き後
お寺を維持していくために僧侶の資格も取り
頑張っておられ、頭が下がる。

「大変だったわね。
何処まで関わった方がいいのか
息子と相談したら、結婚考えてると
言うから焦ったわ、早くなんとかしてあげないとね。
お父様とお話済んだのね?
良かった…」

「はい、明日来るそうです。
ありがとうございます」

「私も一安心よ。
宏樹がこのまま独身でいくのかと
思うとね、心配でね。
頭を高くして寝れるわ、宜しくね。
ミユキさん」

「お袋、そんな心配してたんだ…
そうだな、ミユキに
逢うまでは、もう結婚はいいかな、
と思ったけど。
この娘を逃したら…と焦ったよ」

まだ交際が始まったばかりだけど
もう婚約者として
温かく接して貰い感激した。

色々な艱難辛苦が待ち受けて
いるかも知れないが
なんとしてもやり抜いて行こうと
決意した晩でした。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. 年賀状*

    2015/01/03

    祖父母宅へ新年のご挨拶に伺いました。雑談しながら年賀状の束...

  2. 母親『そうなの…大変だったわね』K『とりあえず今回帰って...

  1. もう1人

    2013/12/09

    この人と結婚するのかな?と思った人がいる。前に書いた...

  2. 仕事が早番の時には稜弥と二人でお見舞いに行くようになった…...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/25 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 作ったご飯を毎日こっそり戻す夫
  3. FBの幸せそうな投稿見てイライラ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3