ブログランキング68

俺のものにしたい version B

恋ってステキ♡フィクションラブストーリー

  • 記事数 1207
  • 読者 6865
  • 昨日のアクセス数 3550

久しぶりの登場、アイツ。

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 恋愛

2017/08/05 23:29:55

  • 169

「最近ユカちゃんと毎日
連絡とってんの?」


とある日の昼間。ファミレスにて。


珍しくショウヘイと休みが重なった
ハヤトが、ストローでチューッと
コーラを啜りながら問いかけた。


「ほぼ毎日メールはしてるけど、
連絡取らない日もたま〜にある。

時間が合わないと返信次の日に
なったりするし。」


「まぁそれはしゃーねーよな。」


「おう。」


「…逢いてぇな…。」


「誰に?」


「ユカちゃんに。」


「誰が?」


「俺が。」


「なんでだよ。」


「いーだろ別に!
俺だってユカちゃんに逢いたくなる
時ぐらいあるさ!」


「マイミに言ったろ〜。」


「はい、ごめんなさい。」


「………………。」


ショウヘイは何も言わず
ホットコーヒーを啜った。


「お前…ユカちゃんへの愛
冷めちまったワケじゃねーよな?」


「は?んなワケねーだろ。」


「いや、なんかさ?
あまりにもクールぶってるからさ。」


「俺だって逢いてーケド、なかなか
休みが合わねーんだよ!

オレ、10連勤その後3日間の出張研修
その後6連勤。

ユカ、これからセール始まって
忙しくなるから休みがいつもらえるか
まだ未定。」


「ホントだ。

全然休み合ってねぇじゃんか。」


「…遠距離の宿命ってヤツだな…。」


「まぁそうかもしんねーケドさ〜…

それを受け入れられてるっつーのが
スゲーよな。
ショウヘイつぁんとユカつぁんは。」


「なんだその『とっつぁん』みてーな
言い方。」


「あぁ〜俺らはお前らに比べたら
幸せもんなんだろうな〜。
マイミィとルナルナと仲睦まじく
暮らせてるっつーのはさ〜。」


「いつ籍入れんの?」


「それがまだ未定なんだよぉ〜。
逆にいつ入れればイイと思う?」


「知らねーよ。オレに聞くな。」


「だよなぁ〜。そう言うと思った!
ショウヘイちゃんは♡」


「『ちゃん』付けて呼ぶな。
ルパンになってみたり、オネェになって
みたり忙しいヤツだなお前は。」


「はぁ〜プロポーズ…かぁ…。」


「オレはこの逢えない期間に
頑張ってもっと金貯めよ。」


「!!!

そうか!そーゆーコトか!
先立つモノがないとダメだよな!
プロポーズするにも、準備っつー
モンがあるもんな!」


「そうそう。
ルナももう小学生だしな。

女の子はこれからどんどん
金かかるらしいぞ。

下手したら、マイミよりルナのほうが
金かかんじゃね?」


「おっふ…!
ルナルナのためならボクちん
草食ってでも、ポルシェ売ってでも
お金出すよ!」


「ポルシェ持ってねーだろお前。」


「まぁとにかく俺も目標額決めて
貯金頑張る!!

目指せ1千万!!」


「じゃオレ2千万。」


「じゃあ俺3千万ん〜!」


「じゃあオレ1億。」


「そしたら俺は1億とんで1万!」


「とんだ1万は何なんだ?

じゃオレ1億5千万。」


相変わらず、小学生のような
くだらない会話で時間を無駄に過ごす
ショウヘイとハヤト。


久しぶりすぎて、誰だっけコイツ?
的な脇役に誰もご興味は示されないと
思うが、時折こうして、皆様の記憶
からほとんど薄れてきた頃ぐらいに、
気が向いたらハヤトの恋の行方もチラッと
覗き見していこうと勝手にもくろむ
作者なのであった。

同じテーマの記事

関連するブログ記事

  1. エリカの元を離れた後、帰路につく車の中でハヤトは一生懸命何...

  2. ショウヘイは電話を切ると、営業所からユカの家まで10㎞ほど...

  1. 「アハハハハハハ!そ〜んなコトがあったんですのねぇ〜!...

  2. 「レイナが想像してるのは誰?」「え…ユカせんぱいはどっ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

9/21 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 共稼ぎなのに夫が家事をしない
  3. 荷物の上に座られてモヤモヤ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3