ちはるさんのブログ

過去のプラトニックなお話です。

  • 記事数 84
  • 読者 52
  • 昨日のアクセス数 55

先生の視線

しおりをはさむ

2017/08/09 07:30:24

  • 2
  • 0

店内は土曜日のわりには空いていて、私達は角のテーブル席に着いた。




お店はそんなに新しい方ではなく、私は以前何度か友人と来たことがあった。



ウッド調の造りで、色んなところに鉢植えの可愛らしい花が置いてある。




お店に入った時からコーヒーのいい香りがした。






先生はホットを、私はアイスのミルクティーにした。





『今日ほんとは志水先生も来たがってたんだよ。

仕事でどうしても抜けられなくてさ。

お前のこと心配してたよ。』




『そうだったんですか・・・
志水先生によろしくお伝えください』





先生が小さく頷いた。




頼んだものが運ばれると、先生はコーヒーに口をつけないまま聞いてきた。




『で、部活はどうなの?

あれから何か変わった?』




『いえ・・・』




私は洗いざらい全て話した。


顧問と部員たちで揉めていること、お酒に酔ったまま部活に来たことなど全部。




先生は徐々に体を椅子の背に預け、今は足を組み、腕も組みながら私の顔をじっと見ている。

何も言わずに私の話を聞いている。




静かに、表情も変えずに私の話を聞いている先生は、なんだか怒っているように感じた。





先生のその様子は少し気になるけど、溜まっていたものを吐き出すように、私はずっと話し続けた。








『ーーーーーーーーーなんです。

だから・・・』



ここまで話して、自分がどうしたいのかが分かった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

8/23 編集部Pick up!!

  1. 荷物の上に座られてモヤモヤ
  2. 子連れに謝罪され感じたこと
  3. 子あやし疲れ少し休憩していたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3