アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 533
  • 読者 24
  • 昨日のアクセス数 882

夜になってねぶた祭り

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2017/08/05 20:30:17

  • 0
  • 0

千里はすっかり俺の腕の中で寝ていた。
(まだ、この寝顔見ていたいけど起こさないと)
「千里、起きろ。時間だ」
まだ何かむにゃむにゃ寝言を言ってる。
いたずら心で耳元と頬にキスした。
「ほへ?え?あ、近いよ!伊勢」
「やっと起きたか。良かった。さ、行こう」
(私、伊勢に振り回されてるな。でも嫌じゃない)
俺は千里の手を繋いで歩いた。
外は人が沢山いる。
「手を離すなよ」
「うん」
灯りに照らされたねぶたの山車が綺麗だ。
「ねぇ、綺麗だね」
「ああ」
俺は千里の横顔が可愛くて今すぐ他のことをしたい
気持ちになった。
(我慢しないと)
私は伊勢の様子がちょっと違うように感じた。
(どうしたのかな?ま、いいか)
伊勢は自分の気持ちに嘘をつくのが苦手だ。
さっと裏路地に千里を連れ込んだ。
「ちょっと!」
「静かに!」
伊勢は深いキスをした。
私は力が抜けていくのが分かった。
「今からこんなに力が抜けて。これから声出すなよ」
私はただ頷いた。
「いいこ。分かりやすいな」
伊勢が色々な場所にキスをしながら、私の下腹部を探る。
私の下腹部は濡れていた。
「いやらしいな。欲しがってる」
伊勢の指がすっと入った。
なんか感覚が分からなくなった。
でも、気持ち良くて言葉にならなかった。
それに嫌じゃなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

  1. 1

    MyhoneyCin...

    15時間前

    ひみつの恋。

    まきちむ

    記事数 18327 / 読者数 4120

  2. 2

    YOU.

    16時間前

    優奈

    記事数 471 / 読者数 862

  1. 3

  2. 4

    When love ...

    5分前

    リノ

    記事数 717 / 読者数 1486

関連するブログ記事

  1. ……本日オープン大型ショッピングモールお客様...

  2. 51st

    10/31

    「はー…」お偉いさん達との飲みの帰り。いつもなら、家...

  1. 狙ってた舞台のチケット発売時間ちょうどにアクセスしたのに...

  2. 27th 58

    06/27

    嫌がるさくらをソファーに座らせて、後ろから抱きすくめる。...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

12/18 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 無意識にマウンティングするかも
  3. 生後2週間 夫婦で寝顔を見てたら

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3