アリスさんのブログ

恋愛小説ふう回顧録、ときどき普通

  • 記事数 467
  • 読者 15
  • 昨日のアクセス数 158

夜になってねぶた祭り

しおりをはさむ

テーマ:小説 > 短編

2017/08/05 20:30:17

  • 0
  • 0

千里はすっかり俺の腕の中で寝ていた。
(まだ、この寝顔見ていたいけど起こさないと)
「千里、起きろ。時間だ」
まだ何かむにゃむにゃ寝言を言ってる。
いたずら心で耳元と頬にキスした。
「ほへ?え?あ、近いよ!伊勢」
「やっと起きたか。良かった。さ、行こう」
(私、伊勢に振り回されてるな。でも嫌じゃない)
俺は千里の手を繋いで歩いた。
外は人が沢山いる。
「手を離すなよ」
「うん」
灯りに照らされたねぶたの山車が綺麗だ。
「ねぇ、綺麗だね」
「ああ」
俺は千里の横顔が可愛くて今すぐ他のことをしたい
気持ちになった。
(我慢しないと)
私は伊勢の様子がちょっと違うように感じた。
(どうしたのかな?ま、いいか)
伊勢は自分の気持ちに嘘をつくのが苦手だ。
さっと裏路地に千里を連れ込んだ。
「ちょっと!」
「静かに!」
伊勢は深いキスをした。
私は力が抜けていくのが分かった。
「今からこんなに力が抜けて。これから声出すなよ」
私はただ頷いた。
「いいこ。分かりやすいな」
伊勢が色々な場所にキスをしながら、私の下腹部を探る。
私の下腹部は濡れていた。
「いやらしいな。欲しがってる」
伊勢の指がすっと入った。
なんか感覚が分からなくなった。
でも、気持ち良くて言葉にならなかった。
それに嫌じゃなかった。

同じテーマの記事

コメント0

しおりをはさむ

関連するブログ記事

  1. チェックアウトして朝昼一緒のご飯を駅で食べるお土産を見...

  2. BD trip

    2016/06/25

    それから数時間寝て、9時に起きたせっかくビーチの近くのホ...

  1. 「別にええよ。俺も寝てたし」望くんは先に起き...

  2. 未来の話

    2016/05/21

    部屋に戻ったときには私はだいぶ酔いがさめてる宗さんはまだ...

このページのトップへ

GIRL’S TALKにログインする

Ameba新規登録(無料)はこちら

10/24 編集部Pick up!!

  1. 3年も不倫続ける姉を説得したい
  2. 育休復帰時既に妊娠3か月の同僚
  3. 友人の結婚式に呼ばれず仲間外れ

人気ブログ記事ランキング

  1. 1

  2. 2

  3. 3